« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

2007 日本生命セ・パ交流戦 「巨人対ソフトバンク@東京D」

009_2 
 静岡の叔父さんとその知り合いの人達が野球を観に東京へ来る予定だったみたいなんですが、知り合いの人が来れなくなってしまったらしく、急遽代わりに行くことになりました。

6時10分ぐらいにドームに着きました。22番ゲートに着いたら電話してと父親に言われていたため、電話したところ…、出ない。何回も電話し、メールを送っても来ない。「おーい、チケットなきゃ入れねーよ」。30分近くコールし続け、トイレのため席を立ったらしく、やっと繋がりました。ドームのバックネット裏付近は電波は良くても繋がらないらしい…。1回裏に間に合ってたのに…、3回表からの観戦となってしまいました。バックネット裏での観戦は久しぶりです。やっぱ観やすいなぁ~。

試合の方ですが、巨人の先発はルーキー金刃、ソフトバンクは和田。前半は両チームヒット2本ずつに抑える投手戦でした。終盤に入った8回裏の攻撃、巨人打線が畳み掛け4点を奪い勝負あり。打順が金刃に回って代えるかな?と思いましたけど代えませんでした、完封狙っちゃえ。しかし9回のピッチングは8回から球威が落ちてきたこともあって、つかまってしまいました、がこれも勉強ですね。9回150球のプロ初完投初勝利!お見事でした!インコースへのキレ、制球力はホントすばらしかった。新人王狙えますね。

今日の勝利でセ・リーグ30勝一番乗りです。苦手(というか去年の悪夢)の交流戦も勝率5割になりました。しかも交流戦の成績は5位ですがセでは一番上。そして楽天が中日に逆転勝ちしたため1.5ゲーム差に広がりました。よしッ!!


2007年05月30日(水) 18:00PLAY BALL

@東京ドーム (東京都文京区)

読売ジャイアンツ VS 福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンク
巨     人

X

勝利投手 : 金刃憲人 5勝1敗
敗戦投手 : 和田毅   4勝4敗

ソフトバンクバッテリー : 和田、三瀬、柳瀬、小椋-山崎、田上
巨人バッテリー : 金刃-阿部

ソフトバンク本塁打 : 松中信彦 10号(9回表ソロ)
巨人本塁打 : 李承燁 12号(4回裏ソロ)  ホリンズ 5号(8回裏2ラン)

試合時間 3時間01分

観衆 43,650人 (チケット完売)

003

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

2007 Jリーグディビジョン1 第12節 「甲府対清水@小瀬」

070519_173455_1 今季最初の『富士山ダービー』!
対戦成績は2勝0敗6得点0失点で結果だけみれば相性が良いように見えますが、2試合ともけっこうやられてる場面があって危なかったですよね…。この試合に勝てば上位に食い込むチャンスなので、絶対に勝つんだと気持ちを入れ甲府に向かいました。
埼玉から甲府は意外と近いんですね。2時間で着きました。
甲府は盆地で、結構高い山に囲まれているので富士山を見るのは無理かな?と思いましたが、わずかな隙間からなんとかテッペンだけ見ることができました。やっぱり富士山ダービーですから富士山を見なきゃ始まらないですよね。

070520_015827

 小瀬スポーツ公園に着いた時は、サッカー観に来たんだなぁ~、アウェイに来たんだなぁ~ていう感覚がスゴイして(関東の試合はあまり感じないんですよね)なんか良かったです。
売店でほうとうを買って食べようと楽しみにしてたんですが、残念ながら売っていませんでした。しかし、ヴァンくんのパペットが売っていたので思わず買ってしまいました(なんかパペットが好きなんですよね)。エスパのユニ着て買っていたので店員さんも気を遣って「袋に入れた方がいいですよね?」 と言ってくれました(笑)。
エスパの選手が乗ったバスが競技場に着いた時に、「ただいま清水エスパルスのバスが到着しました!」とアナウンスしたのには驚きましたね。Welcomeムードがスゴイ伝わって来ました。

 そして重要な試合なんですが、あまり多くは語りません。とにかくヒドイ内容だった。やはり頑張る二人、兵働、オカちゃんがいないとキツイですね。あの二人がいればなと、思わずにはいられませんでした。兵働のフリーランニング、イチとのコンビ、あの負けん気があれば…と。もちろん今日出た選手が頑張っていなかったとは思いませんが、やっぱりあの二人はチームに+αの力を与えてくれるんですよね。
とにかく今日の試合は、動かないから拾えない、シュート打てないから点が入る気が全くしない、観てて全然面白くない試合でした。
あと、交代遅すぎでは?なんで西澤を入れない?パワープレーは?

 ホームで強い甲府に引き分けたんだとポジティブに考えることにします。日本平で絶対に勝ってもらいましょう。 来週の広島戦、ウェズレイが出場停止なのでなんとか勝って上位に喰らい付いていってもらいたいですね。


2007年05月19日(土) 19:00KICK OFF

@小瀬スポーツ公園陸上競技場 (山梨県甲府市)

ヴァンフォーレ甲府 VS 清水エスパルス

0 - 0

GK 西部洋平
DF 児玉新
   高木和道
   青山直晃
   市川大祐
MF 伊東輝悦
   藤本淳吾
   杉山浩太 → 79分/高木純平
   枝村匠馬
FW チョ ジェジン
   フェルナンジーニョ → 78分/太田圭輔

観衆 12,422人

070519_190358

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第5節 「大宮対清水@駒場」

070509_190352

 今季2度目の『オレンジダービー』
エスパルスはナ杯予選4試合を終えて未だ勝ち星がなく最下位。奇跡的に微かながら予選突破の可能性を残しております。決勝T進出への絶対条件は大宮に2連勝すること!また柏・横浜Mが1勝1敗になった場合は得失点差争いになるために多くの得点が必要です!

 5限目の授業をサボり、直接駒場へと向かいました。大宮サポの知り合いにクーポンもらって半額でチケット買えました。大宮は観客動員数を増やそうと色々と頑張ってはいますが、さいたま市のほぼ9割以上?(大宮区も含めて)は赤でしょうから悲しいですね。

 エスパのスタメンには、海人・平岡・岩下・純平・真希・西澤・一樹が入りました。ガラッと変えたメンバーでどこまでやれるか注目です。

 前半は大宮サポ(会社帰りの酔っ払いリーマン)が集う、2階バックスタンド真ん中へ。部下が紙コップを取り出し、上司に酒を注いだりと、なんか間違った場所に来てしまったのか?と思わされながら観戦していました。
前半はチグハグしていてあまり良い内容ではなかったですね。見せ場も少なかったです。
後半、真希に変えオカちゃんを投入。オカちゃんが入ったことにより前線がより活性化され流れが良くなり攻勢に出ました。開始直後から、オカちゃんが抜け出しキーパーと1対1になり絶好のチャンス、でしたが決められず。さらに一樹の横パスを兵働がボレーを放つもクロスバーに弾かれる(3月の大宮戦にもこんなシーンがあったような?デジャヴではないハズ…)
そして一樹に代え、皆が待ち望んだ太田圭輔登場!!持ち味の運動量を活かして走り回り、またセットプレーからのカウンターをくらった時も、素早い戻りのディレイでチームのピンチを救ってくれました。
大宮に先制点を許しましたが、いつもと違い慌てることなくプレーしていました。
そして、後半の終盤に追い付きます。西澤がキープし相手を引き付け兵働へバックパス、西澤が作ったスペースへ圭輔が入り、そこへ兵働がワンタッチで柔らかく浮かしたパス、圭輔が反転しながらトラップし左足で落ち着いてゴール!!3人の絶妙なキープ・動き出し・パスが生んだ絶妙なゴールでした。そして後半ノータイム、相手DFとGKの連携ミスからCKを獲得。兵働の蹴ったボールをオカちゃんが押し込め切れなかったが西澤が「ごっつぁんです」。もう兵働のキックで決まっていました。ナイスボールです。
今季初の逆転勝利&ナビスコ初勝利で、なんんんとか最終節に望みを繋げました。

 圭輔やりました~♪これを機にベンチ入りできればいいんですがどうでしょうかね?あの走り、頑張りはスゴイ魅力的ですし、日本トップクラスの運動量とアジリティーを持った選手を使わないなんて宝の持ち腐れです。
そして西澤ですが、やはり途中出場(短い出場時間)ではなかなか見せ場がありませんが、1試合を通して見ると、あのキープ力、ポストプレーはかなり強力です。
一樹はまだまだこれからですね。もっと積極的に仕掛けてほしかったな~。
良い選手がたくさんいるエスパルスですからこれからの健太の采配に期待したいです。

 追記(5月16日)
クーポンでチケットを購入した時に住所を書いたんですが、それで今日アルディージャから茶封筒が届きました。どうせ後援会の申し込みの知らせだろう?と思いながら開けてみたら、そんな勧誘の言葉は一つもなしに、ただ来場した御礼の言葉と、さらになんとクオカードが入ってました。入場を半額にした上にクオカードまで配って大丈夫なのかぁ?と思いましたよ。赤に負けないようサポーターを増やそうと必死で頑張っているんですね。ホームゲームを埼玉県北部の熊谷で開催したりなどして。


2007年05月09日(水) 19:00KICK OFF

@浦和駒場スタジアム (埼玉県さいたま市浦和区)

大宮アルディージャ VS 清水エスパルス

1 - 2 ( 0 - 0 )

71分 エニウトン(大宮)  81分 太田圭輔(清水)  89分 西澤明訓(清水)

GK 山本海人
DF 児玉新
   高木和道
   平岡康裕
   市川大祐
MF 岩下敬輔
   高木純平
   兵働昭弘
   山本真希 → HT/岡崎慎司
FW 原一樹 → 65分/太田圭輔
   西澤明訓

観衆 4,448人

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

2007 Jリーグディビジョン1 第9節 「清水対磐田@日本平」

Img_1533  
 朝3時に起床。CL「ミラン対マンU」の試合を見てモチベを上げて日本平に乗り込もうと思いましたが、マンチェは何もできずに見事な完敗でした。下がりましたね…。CWCでエスパとマンチェがガチンコ勝負するという夢は叶いませんでした。来年こそは…。

 気を取り直して清水へ向かいます…。
首都高、東名は海老名SAまでと、なかなかの渋滞に巻き込まれました。3人で運転を交代しながら乗り切りましたが、自分が運転した「海老名~清水」区間で事件が起こりました。中央車線を走行中、突然前の赤い車のブレーキランプが点灯、前方にいた赤い車は急ブレーキをしたのです。十分な車間距離をとっていましたが、100㌔を超えるスピードで走っているわけですから、ブレーキランプが点灯したと思ったらすぐ目の前に赤い車が接近。慌ててブレーキを踏むも間に合うわけがなく、左に交わそうと思っても左後方すぐにはトラックが…。「終わったな…」と思いました。助手席からも悲鳴が。事故る直前はスローモーションに感じるって良く聞きますがホントなんですね。意外と冷静に「このまま衝突した方が被害は少ないだろうと」思い決断しました。しかし、赤い車の1メートル手前まで来て体が勝手に反応してハンドルを左に切ったのです。「ドッカ~ン」と思いきや、トラックは状況を把握していたのか、路肩に逃げていてくれました。ホント何の衝突もなくあの場面を切り抜けたのが今でも奇跡のように思えてきます。Img_1526事故ってたらダービーどころじゃない、それ以前に玉突き事故で大渋滞を引き起こし、ニュースになるとこでした…。なぜ前の赤い車が急ブレーキをしたのか?それは、どっかの車の荷物(チラッと見た感じ、かなり大きい布や布団みたいな物でした)が落ちてきて急ブレーキしたみたいです。ホント貴重な体験をしましたね。いい勉強になりましたよ。無事だったから言える事ですけどね…(笑)。
清水ICを降りる前に、海沿いのPAに寄りました。やっぱ海はいいですね。

 だいぶ『静岡ダービー』の話からそれてしまったので、静岡おでんを食べた話などなどは飛ばします(上の話で疲れましたw)
3時間前に日本平到着。さすがにチケット完売とだけあってお客さんの数がスゴイ!

 この試合の主審が気になり、この日の他会場の主審を調べていった結果、東城(有り得ない)・西村(カード乱発病)の二人に絞られました。ハッキリ言ってどっちも勘弁です。そしてマッチデーを買って西村と知りましたね。折角のダービーを邪魔しないでくれということだけを祈りました。
あえて先に言っときます。結局西村はやってくれましたね…。最初ジュビロ寄りのジャッジ(PKのことじゃないです)だったと思えば、調整したかの様にコロッとエスパ寄りになりました。イエローが謎…。

070503_172411 バス待ちで選手を迎えた時の応援は、鳥肌が立ち、感動し、興奮しました。
そして、今回のコレオグラフィー。応援。熱さが伝わってきました。

 そして試合です。試合序盤から両チームの激しい攻防、危ない場面も多々ありましたが何とか逃げ切り、そして18分 オカちゃんが右サイドでボールを受け勝負!縦に突破すると見せかけ鋭い切り替えしで相手を交わすと落ち着いてジェジンへパス、ジェジンは後ろへ下がりながらもゴールへ突き刺し先制!!スタジアムが揺れました。
その後PKを中山に決められ追い付かれましたが、40分 イチのクロスをまたしてもジェジンが体制を崩しながらもスーパーボレー!GOOOAL!!なんちゅうボディバランスなんだ~ホントたまげました。
後半は押されましたがなんとかゼロに抑えて見事『静岡ダービー』を勝利!

 前半シュート11本なのに対して後半は0!? 観てた感じではそんな気しなかったんですがね。それと後半終了間際のあのピンチはホント終わったと思いましたよ…。
とにかく勝って良かったですよ♪
そして2万人を超えるお客さん。スタジアムの雰囲気とあの盛り上がり。ホント日本一のダービーだと改めて実感しました。素晴らしい試合を魅せてくれた選手 静岡の人たちに感謝したいです。

 帰宅したのが日付が変わって朝5時半で、疲れましたが疲れてないです(身体は疲れたけど勝利で気持ちは疲れてない…ハズ)。もし負けていたら帰ってすぐに遊びに出かける気にはならなかったでしょうしね。

 中2日で、ガンバ、大宮、新潟と厳しい日程が続きます。なんと言っても次節の首位ガンバ戦です。ナイターの後の中2日でアウェイ大阪とハードで、正直勝ち点1取れれば及第点だろうと思いましたけど、自分に喝ですね。ホームで(も)負けないガンバですけど勝ち点3取って来てもらいましょう!


2007年05月03日(木・祝日) 19:00KICK OFF

@日本平スタジアム (静岡県静岡市清水区)

清水エスパルス VS ジュビロ磐田

2 - 1 ( 2 - 1 )

18分 チョ ジェジン(清水)  22分 中山雅史(磐田)PK  40分 チョ ジェジン(清水)

GK 西部洋平
DF 児玉新
   高木和道
   青山直晃
   市川大祐
MF 伊東輝悦
   藤本淳吾 → 78分/高木純平
   兵働昭弘
   岡崎慎司
FW チョ ジェジン → 87分/西澤明訓
   フェルナンジーニョ → 67分/杉山浩太

観衆 20,318人 (チケット完売)

Img_1538

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »