« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

第86回全国高校サッカー選手権大会 1回戦 「星陵対近大付@駒場」

Img_1409 

 総体準優勝校で今大会優勝候補の一角、星陵高校の登場。硬い守備で定評のある?最終ラインにはU-18日本代表で新潟に内定しているキャプテンの鈴木がいるんですが、この選手のリーダーシップはスゴイです。サイドに振るフィードも正確ですし期待通りの選手だったと思います。星陵の得点はCKからだったんですが完璧でした。ブロックサインでショートコーナー、ワンタッチで落としてもらいそれをダイレクトでファーサイドに振り、2番の長身選手が打点の高いヘッドでゴール。練習で良くやっていたんでしょうね。ゴール後の喜び方からも良くわかりました。星陵は強かったです。でも結果は追い付かれPK戦で敗退です。試合終了間際のCKでは近大付属は11人全員がゴールラインに並び守っていました。サッカーって面白いですね。


2007年12月31日(月) 14:10KICK OFF

@浦和駒場スタジアム (埼玉県さいたま市浦和区)

星陵高校 (石川県代表) VS 近畿大学付属高校 (大阪府代表)

1 - 1 ( 1 - 0 ) 3 PK 4 

30分 福田勝也(星陵)  60分 笹田浩平(近大付)

観衆 2,613人

Img_1419

| コメント (0) | トラックバック (0)

第86回全国高校サッカー選手権大会 1回戦 「岐阜工対高川@駒場」

Img_1395


 埼玉県代表の栄が1回戦がシードだったため、他県の試合を観に行きました。埼スタの方が近いんですが、「前橋育英対奈良育英」と「羽黒対近大和歌山」の試合を観るよりは、駒場での試合の方が面白いかなと思ったので浦和に行ってきました。

 今年は中澤ですね。プログラムの表紙には「プロになる。誰も信じてくれなかった。選手権に出場できず、所属チームすらなかった。それでも強い思いがあったから、国立のピッチに立つことが出来た。絶対にあきらめるな!夢は必ず叶う!!」と綴られていました。
 選手権とは無縁でしたが、こうやって表紙になって選手権に関わることができるんだからスゴイことです。
 中澤は三工技時代にあのピンクのユニフォーム着てたんだよな?ちょっと見てみたい(笑)。

 2年ぶり21回目出場の岐阜工業と15年連続20回目出場の高川学園(旧多々良学園)との常連校の対戦です。守備の岐阜工、攻撃の高川と評判の高い両チームでしたが、結果は0-3で高川が2回戦進出です。岐阜工にはU-17W杯日本代表で千葉に入団内定したボランチの益山がいましたが、あまり目立っていませんでしたね。何も仕事はできていなかったです。岐阜工は前半のスコアレスで迎えたキーパーと1対1の決めれなかったこと。後半の押している時間帯に幾つかあった決定機をものにできなかったのが痛かった…。
 高川は10番のちっさいトップの子がやたら速くて何回も一人で打開してチャンスを作っていた。それとGKも安定していて良い選手でした。
 岐阜工が決めるとこ決めてれば面白い展開になったのにな。そこが残念です。


2007年12月31日(月) 12:10KICK OFF

@浦和駒場スタジアム (埼玉県さいたま市浦和区)

岐阜工業高校 (岐阜県代表) vs 高川学園高校 (山口県代表)

0 - 3 ( 0 - 1 )

24分 吉武隼人(高川)  58分 永野史也(高川)  63分 齋藤達也(高川)

観衆 1,457人

Img_1399

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

沼津 ~香貫山・狩野川~

Img_1353 Img_1352.

Img_1351 .

Img_1357 .

Img_1358 .

Img_1355 .

Img_1362 .

Img_1363 .

Img_1365 .

Img_1371 .

Img_1374 .

Img_1375 .

Img_1379 .

Img_1376 .

Img_1378 .

Img_1382 .

Img_1384 .

Img_1385.


Img_1389 .


Img_1386 .


Img_1391 .


Img_1392 .

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

2007 清水エスパルス総括

003


 2007年シーズンが終わってしまいました。年間4位、ナビスコ予選2位敗退、天皇杯ベスト8、結果だけみれば昨年と変わらない成績でした。満足してはいないですが、悲観することももちろんないです。優勝争いに絡む力がまだなかったということ。でもまだ完成したチームではないので伸びしろは∞、希望に満ち溢れています。うちのチームはまだまだどんどん強くなる。来年こそはタイトルを獲る。そして悲願の年間王者を!

 個人的なことですが、リーグ戦19試合に参戦することができました。日本平へは8試合です。シーズン前には、リーグ戦半分(17試合)、ホーム半分(8、9試合)、関東圏内全試合を目標としました。まさか目標を達成できるとは思いませんでした。関東の試合は、リーグ、カップ、サテ完全制覇です。開幕当時から応援してきましたが、こんなにもエスパに関わることができたのは初めてです。応援することができる、ただそれだけで幸せを感じてしまいます。スタジアムに行けば同じ服着て同じ歌を一緒に歌う仲間がいる。そして情けない試合をすれば本気で怒り、素晴らしい試合をすれば心の底から喜びを爆発させてくれる愛するチームがある。ホント大好きです!

 来年は今年ほどスタジアムに行くことは無理かもしれませんが、全力で応援します。来年もよろしくお願いします。


【2007成績】

《Jリーグ》

〈順位〉
     順位 勝点 勝 分 敗 得 失 得失差 勝率
年間   4  61 18  7  9  53 36 +17 .529
HOME 3  33 10 3  4 30 17 +13  .588
AWAY 3    28 8  4  5 23 19 +4    .470
前半戦 8   25 7  4  6 22 19 +3   .411
後半戦 2  36 11 3  3  31 17 +14 .647

〈得点〉
1位 13点 チョ ジェジン
2位  9点 フェルナンジーニョ
3位  7点 藤本淳吾
        矢島卓郎
5位  5点 岡崎慎司
6位  4点 市川大祐
7位  3点 枝村匠馬
8位  2点 兵働昭弘
9位  1点 青山直晃
        伊東輝悦
        岩下敬輔

《ナビスコカップ》

〈Bグループ〉
         勝点 勝 分 敗 得 失 得失差
1位 横浜M  8   2  2  2  8  7  +1
2位 清水    8   2  2  2  8  7  +1
3位 柏       8   2  2  2  6  6   0
4位 大宮    8   2  2  2  5  7  -2

〈得点〉
1位 2点 太田圭輔
2位 1点 枝村匠馬
       杉山浩太
       市川大祐
       西澤明訓
       チョ ジェジン
       藤本淳吾

《サテライトリーグ》

〈順位〉
        勝点 勝 分 敗 得 失 得失差
1位 清水  19   6   1   1 20 10 +10
2位 磐田  18   6   0  2  20 11 +9
3位 湘南  14   4   4  2 12 13 -1
4位 甲府   4   1  1  4 12 22 -10
5位 東京V  3   1  0  7 10 18 -8

〈得点〉
1位 4点 長沢駿
       山本真希
3位 3点 原一樹
4位 2点 岡崎慎司
       久保山由清
       アンデルソン
7位 1点 太田圭輔
       枝村匠馬

《天皇杯》

〈結果〉
4回戦   vs明治大学 3-3(5PK4)
5回戦   vs横浜M   2-2(3EX1)
準々決勝 vsG大阪    0-0(0EX1)

〈得点〉
1位 2点 青山直晃
       西澤明訓
2位 1点 兵働昭弘
       市川大祐
       原一樹


【アウォーズ】

《Jリーグ》

〈フェアプレー個人賞〉
伊東輝悦

〈優秀選手賞〉
青山直晃
伊東輝悦

《ランキング》

〈観客動員数〉
10位 清水(日本平) 271,180人(平均15,952人) 動員率78.42%(4位)

〈チームフェアプレー〉
2位 エスパルス 50ポイント(退場1警退0警告47)

〈年間出場時間(GK除く)〉
1位 高木和道 3060分
3位 伊東輝悦 3056分

〈個人フェアプレー〉
1位 伊東輝悦 34試合 3056分 警告0

〈決定率(50本以上)〉
5位 チョ ジェジン シュート65本(16位)枠内34本中13点 得点率.200

〈ヘッド得点〉
2位 チョ ジェジン 5点(13点中) 占有率.384
6位 岡崎慎司   4点(5点中)  占有率.800

〈DF得点〉
2位 市川大祐 4点 シュート24本 得点率.160

〈セットプレーポイント〉
1位 藤本淳吾 11ポイント:5ゴール(PK4FK1)6アシスト(CK4FK2)


【観戦試合】

≪Jリーグ≫
 第01節 03月03日 vsヴィッセル神戸      @日本平 1-0 ○ 青山
 第02節 03月10日 vsジェフユナイテッド千葉  @フクアリ 3-1 ○ チョ,枝村,伊東
 第03節 03月17日 vs柏レイソル            @日本平 0-1 ●
 第04節 03月31日 vs大宮アルディージャ         @駒場   2-1 ○ 枝村,フェル
 第06節 04月15日 vs川崎フロンターレ      @等々力 1-2 ● 岡崎
 第08節 04月28日 vs横浜FC            @日産   1-1 △ フェル
 第09節 05月03日 vsジュビロ磐田         @日本平 2-1 ○ チョ2
 第12節 05月19日 vsヴァンフォーレ甲府    @小瀬   0-0 △
 第15節 06月16日 vs横浜F・マリノス            @日本平 1-1 △ 岡崎
 第17節 06月23日 vs浦和レッドダイヤモンズ  @日本平 0-1 ●
 第18節 06月30日 vs柏レイソル          @日立   3-1 ○ 岡崎2,藤本
 第19節 08月11日 vs大宮アルディージャ    @日本平 2-2 △ チョ,フェル
 第21節 08月18日 vs川崎フロンターレ       @日本平 3-1 ○ フェル,藤本,矢島
 第22節 08月26日 vsアルビレックス新潟       @東北電 2-0 ○ 岩下,チョ
 第26節 09月23日 vsFC東京            @味の素 0-2 ●
 第29節 10月20日 vs横浜F・マリノス       @日産   2-0 ○ 矢島2
 第30節 10月27日 vsガンバ大阪           @日本平 3-1 ○ 矢島,フェル,チョ
 第32節 11月18日 vs浦和レッドダイヤモンズ  @埼玉   0-0 △
 第34節 12月01日 vs鹿島アントラーズ      @カシマ   0-3 ●

※ HOME  8試合 4勝 2敗 2分 12得 8失 +4 勝率.500
   AWAY 11試合 5勝 3敗 3分 14得 11失 +3 勝率.454
          19試合 9勝 5敗 5分 26得 19失 +7 勝率.473

〈得点〉
1位 6点 チョ ジェジン
2位 5点 フェルナンジーニョ
3位 4点 岡崎慎司
       矢島卓郎
5位 2点 枝村匠馬
       藤本淳吾
7位 1点 青山直晃
       伊東輝悦
       岩下敬輔

《ナビスコカップ》
 第1節 03月21日 vs柏レイソル         @日立       1-2 ● 枝村 
 第3節 04月04日 vs横浜・マリノス      @三ツ沢 0-2 ●
 第5節 05月09日 vs大宮アルディージャ  @駒場       2-1 ○ 太田,西澤

※ 3試合 1勝 2敗 3得 5失 -2 勝率.333

《サテライトリーグ》
 第3節 08月01日 vs東京ヴェルディ1969 @よみうり 4-3 ○ 久保山,オウン,長沢,山本真
 第8節 11月12日 vs湘南ベルマーレ     @平塚    1-1 △ 枝村

※ 2試合 1勝 1分 5得 4失 +1 勝率.500

《通算》
24試合 11勝 6分 7敗 34得 28失 +6 勝率.458


【おまけ】

偏見と独断によるランキングです。

《ベストゴールランキング》

1位 岡崎慎司 (第18節 vs柏@日立)
…自分の中での1位はやはりこれ、柏戦での先制ゴールです。和道からの大きなサイドチェンジが新にピタリと収まり、これを新が抜き切る前にグランダーのクロスを上げ、オカちゃんが体勢を崩しながら流し込んだというゴールです。流れがホント素晴らしかった。そしてスタンドからピッチが近いということもあって興奮度抜群なゴールでした。

2位 フェルナンジーニョ (第21節 vs川崎@日本平)
…フェルのゴールならガンバ戦のゴール…と思うかも知れませんが、川崎戦の前半に奪った追加点です。右サイドでのテル、兵働、イチでの三人のパス交換から兵働が速いクサビを中央へ、テルを追い越し更にスペースへ飛び込んだヤジもスルー、そこへ走り込んで来たフェルが受けワントラップ目で相手より一歩先に抜け出し、最後はゴール左下に突き刺したゴールです。川崎ディフェンダー陣が全く付き切れないぐらい、完璧な連携でした。

3位 チョ ジェジン (第24節 vs磐田@エコパ)
…ロスタイムラストワンプレー。右サイドでFK獲得。キッカーは淳吾。ここで西澤投入、ニアのスペースに入っていたパラナが急いで西澤につく。ここを見逃さず、淳吾が低くて速いボールをニアに上げ、この間に和道が相手をジェジンのマークをブロック。一瞬フリーになったジェジンが飛び込み頭で合わせてゴール。静岡ダービー制覇の決勝ゴール。熱狂度抜群文句ナシです。

4位 チョ ジェジン (第09節 vs磐田@日本平)
…静岡ダービー、満員の聖地・日本平。ジェジンのゴールで先制するも追い付かれてしまう展開。が、しかしまたもやエースがやってくれた。イチのクロスを相手と競り合いバランスを崩しながらも左足のボレーで合わして決める。あの体勢から左足のボレーで合わすボディバランスの良さ、ワールドクラス。

5位 フェルナンジーニョ (第30節 vsG大阪@日本平)
…古巣ガンバ(西野)相手に雪辱の一発を浴びせさせたこのゴール。兵働と上手くタイミングを取って間一髪で裏へ抜け出し、ワンタッチ目で勝負あり。最後は左足で流し込みゴール。本人も「タイトルを取った時のよう」とコメントするぐらい喜びを爆発させた一発。

6位 矢島卓郎 (第21節 vs川崎@日本平)
…2点リードで迎えた後半の早い時間帯に1点を返され、相手の追い上げムードか?という雰囲気を一掃する一撃。兵働が外にはたいたパスをイチが低めのアーリークロス。これをヤジが流し込んでゴール。流れも素晴らしかったんですが、何よりも2点差が一番危ないという展開で1点返されてしまい、しかしその直後に返したというところが大きかったです。

7位 チョ ジェジン (第22節 vs新潟@東北電力)
…ルーズボールになったところを戸田がトップスピードで掻っ攫い、クロスを上げジェジンが押し込んだゴールです。このゴールはキャンプでの怪我から復帰した戸田が途中出場で移籍後初出場を果たし、そしてその直後にアシストしたというゴールです。アラトークでも取り上げられたように、エスパルスのチーム力を感じた素晴らしいゴールでした。

8位 岡崎慎司 (第06節 vs川崎@等々力)
…怪我から復帰直後で、初のトップ下での先発出場。誕生日前日。オカちゃんプロ初ゴール。それが自分が得意とするダイビングヘッドなんだからスゴイ。勝利で飾れなかったことが凄く悔しい…。

《ベストゲームランキング》
1位 第18節 vs柏レイソル@日立 3○1 (岡崎2、藤本)
…中断前最後の試合。そして相手は今季3試合白星なしの憎き柏。勝って気分良く中断期間を迎えるためにも絶対に負けられない試合。この試合は、フェルが累積、ジェジンがW杯で不在のため、オール日本人(アンジーが途中出場しましたけど…)で臨みました。ヤジ、オカ、エダの前3人が上手く機能し、これから先の戦いに光が見えた試合だったんではないかと思います。

2位 第30節 vsガンバ大阪@日本平 3○1 (矢島、フェル、ジェジン)
…前節の甲府戦を5対0で勝利し3連勝で日本平に乗り込んできたガンバ。そして何よりリーグ戦01年以来勝ち星がない相手。立ち上がりは攻め込まれるも、ヤジのゴールで先制すると流れはエスパルス。雪辱に燃える新ガンバキラー・フェルがキレキレでガンバディフェンダー陣を翻弄すると、後半開始すぐに一発を食らわす。さらにフェルの突破から得たCKをジェジンが決め勝負あり。相手の逆転優勝を見事打ち崩した完璧なゲームでした。

3位 第21節 vs川崎フロンターレ@日本平 3○1 (藤本、フェル、矢島)
…前半フェルのトリッキーパスを受けたヤジが倒され、これを淳吾が決め先制。さらにフェル、ヤジのゴールで3点を奪い勝利。この試合からヤジ、ジェジン、フェルの前3人の関係が上手く機能してきました。また、5試合ぶりの日本平で勝利。この勝利から真夏の快進撃07年ヴァージョンが始まりました。

4位 第09節 vsジュビロ磐田@日本平 2○1 (ジェジン2)
…日本平、ダービー、バス待ち、満員、コレオ、そして勝利!

5位 第22節 vsアルビレックス新潟@東北電力 2○0 (岩下、ジェジン)
…ビッグスワン初勝利!戸田復帰戦初アシスト!個人的ですがやはり遠征したのでなおさら嬉しかったのでランクインしました。


2007082601

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007 準決勝 「サヘル対ボカ@国立」

 埼玉県サッカー協会の知り合いの方から、カテゴリー2のチケットを6枚頂いたので行ってきました。総額84,000円です(1枚14,000円)。結局2枚は無駄にしてしまいました…。
これからも日本で開催するためにスタジアムを満員にしようとJFAの方も必死なんですね。昨年もありましたがJFAに登録(選手、審判)していて首都圏に住んでる人には招待ハガキが届くんですよね。昨年はこの招待で、全北現代(韓国)対クラブ・アメリカ(メキシコ)の試合を観て失望したのを覚えています。あまりのレベルの低さ、内容のサイテーさに。これがアジアの代表なのか?これが世界一を決める大会なのか?と思ったら悲しくなりましたね。あまりにも寒く、試合を長引かれたら困るからと、周りから「どっちでもいいから早く取れ!」と声も聞かれました。そして後半終了間際にやっと決まって、その瞬間一斉にお客さん達は帰って行きましたね。そんな06年の大会から一年が経ちました。さぁ、今年はどーなのか。準決勝だし、ボカだし、多少期待を寄せて国立に行きました。

そして感想は、……今年もう~んな感じでした。

次に国立へ行くのは…、2008年元日!!


2007年12月12日(水) 19:30KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿)

エトワール・サヘル VS ボカ・ジュニアーズ
 (チュニジア/CAF)     (アルゼンチン/CONMEBOL)

0 - 1 ( 0 - 1 )

37分 ネリ・カルドソ(ボカ)

観衆 37,255人

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

小田原城

Img_1340 .


Img_1341 .


Img_1343 .


Img_1344 .


Img_1346_2.


Img_1338 .


Img_1339 .

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

2007 Jリーグディビジョン1 第34節 「鹿島対清水@カシマ」

 さあ、泣いても笑ってもリーグ戦今年最後のゲーム。相手は奇跡の逆転優勝を目論む自分の中では2番目に嫌いな鹿島さん(No.1は言うまでもなく、No.3は柏です)。なんでこんな日程になってしまったんだ…。やるな日程クン(笑)。あーガンバがあの2試合落とすから…。とりあえず、横浜FCに頑張ってもらい、引き分け以下でレッズがスッキリしない優勝。そして鹿島がうちに「勝っていれば優勝だったのに…」と存分に悔やんでもらえたら最高ですよね。レッズファン以外の方たちは皆鹿島を応援するでしょう。しかし清水KYエスパルスが再びやってくれるんですよ。
 今夜の我が家の食卓には、親が浦和の実家に帰ったついでに買ってきたレッズサポの溜まり場、居酒屋「力」の焼き鳥が…。これを食ってやればきっとやつらは……。

 とにかく勝ってリーグ戦有終の美を飾りたいですね。そして天皇杯、来季に向けて、なんとしても勝ちたいところです。
 またジェジンが天皇杯を欠場し帰国することが決定しています。この試合も怪我で欠場のようなのでオレンジのユニを着てのプレーは先週の千葉戦が最後だったんですね。ジェジンは残留争いをしている苦しい時に加入し、当時は相当イライラしてたと思います。当時高校の友達と2年前のガンバ戦(1-4の大敗試合)を観に行った時「トップに放り込むだけで、18番が潰れ役になるだけで可哀相」と友達に言われた言葉が今でも良く覚えています(あの時は確かにそうゆうサッカーでした)。しかし、06シーズンでは開幕から3戦連発、「淳吾が入ったことによってパスも良く回り今はサッカーが面白い」というジェジンのコメントを聞いた時はホント嬉しかった。…ジェジンにタイトル一つでも取って欧州に送り出したかった。だから今年の天皇杯は「ジェジンと共にタイトルを」をテーマにと、勝手に気合入っていたんですよね…。
 『ホントにすごく素晴らしい愛情を注いでいただいたので、感謝の気持ちでいっぱいですし、特にエスパルスのファンっていうのはちょっとお年を召した女性のファンの方が多いので、まあそういう方々のホントに深い愛情を受けたんで、すごく自分も励みになりましたし、ホントにどこに自分が行ったとしても、エスパルスのファンっていうのは絶対に一生忘れないと思いますし、ホントに感謝の気持ちでいっぱいです。』〈11月30日〉


Img_1309


 0-3の完敗、胴上げを見せられ、結果的に見れば情けないと思えてしまうかもしれない。でもこの試合をその一言で終わりにしてはいけない。次に繋げなきゃ。内容は悪くはなかった。全ては西村。なぜあれがPK?あんな形で失点をしてしまい、更に後半開始すぐにスーパーゴールが決まって完璧切れてしまいましたね。3点差にされてからはもう捨て身でもゴールを奪いに行くしかないので、戸田と一樹が入りましたが、流れを変えるプレーをしてくれたことは、これからの戦いに向けてかなり大きな収穫だったんではないかと思います。胴上げを目の前で見せられ、選手たちの天皇杯にかける想いがより強くなり、天皇杯を全力で獲りに行ってくれると思います。行かなならん。今日の敗戦が無駄じゃなかったということを示してくれると信じています。そして、天皇杯チャンピオンとして2月のゼロックススーパーカップで鹿島にリベンジ!!もうこれしかない。
 これでエスパルスは、鹿島の年間3冠達成に加えて、10冠達成も目の当たりにさせられてしまいましたね…。05年清水からアラウージョが移籍してガンバ優勝。そして今年も…。はぁ~…、悔しいな。羨ましいな。

Img_1331  それにしても奇跡の大大大逆転優勝ですね。サッカーって面白いな。何が起こるかわからない。最後まで諦めちゃいけないってことですね。「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と安西先生の顔が浮かびました。鹿島の選手以外はもうレッズが優勝するもんだと思っていただろう。もちろん、うぃーあー達も(笑)。うちが鹿島に負けたせいだと言われても困るよ。5試合で勝ち点3得点1…、これじゃね。最終節が横浜FCで盛り下がるとか言ってるから~(笑)。これで国内タイトル0ですね。一週間でJ2の下位とJ1最下位で3勝しかしていない相手に連覇を阻止されるなんて面白いね。ACLの疲れどうこうじゃないでしょう。世界を獲ろうみたいな赤いビラが配られていましたが、上ばっかり見てるから足元を掬われるんだな。大切な事を教えて頂き有り難う御座いました。うちも引き立て役にさせられ恥を掻きましたが、横浜では4万人の“赤”っ恥を掻いた人たちがいるので、おかげで大分楽になりました。あぁ~楽しみだな。

 今日のこの鹿嶋での観戦を終え、今季関東圏内全試合(リーグ、ナビスコ、サテライト)観戦達成となりました。でもあと1試合残しています。最後まで全力で応援したいと思います。

Img_1329


2007年12月01日(土) 14:30KICK OFF

@カシマサッカースタジアム (茨城県鹿嶋市)

鹿島アントラーズ VS 清水エスパルス

3 - 0 ( 1 - 0 )

20分 小笠原正人(鹿島)PK  48分 本山雅志(鹿島)  58分 マルキーニョス(鹿島)

GK 西部洋平
DF 児玉新
   高木和道
   青山直晃
   市川大祐 → 61分/戸田光洋
MF 伊東輝悦
   藤本淳吾
   枝村匠馬
   フェルナンジーニョ → 73分/西澤明訓
FW 岡崎慎司 → 61分/原一樹
   矢島卓郎

観衆 31,384人

Img_1334

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »