« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

2008 Jリーグディビジョン1 第33節 「清水対千葉@日本平」

200811261553011  さあー明日はホーム最終戦。そして“日本平スタジアム”としても最終戦であるわけです。そんな最終戦の相手が崖っぷちのジェフ。ジェフサポの友達もいるし、ジェフは嫌いなチームではないし、来年以降もフクアリで試合したい…。でもこっちも残り2節で勝ち点6を取って上へと行かなければならないのでそんなこと言ってられんのです。心を鬼にして全力で勝ちに行くのみ。
そんな明日の2トップは西澤&オカちゃん?西澤のラスト日本平になってしまうのかな。千葉(勢)キラーのオカちゃんも目標の二桁ゴールまであと一つと迫っているので、明日はこのトップの二人の活躍に期待したいです。キックオフは13時。早起きだぁ~。<11月28日>

Img_3315_2

 寝坊し家を出発したのが7時半過ぎ。首都高は軽く渋滞。日本平に着いたのが12時ちょい前。観衆は2万超えの満員で席もナシ。でも試合はバッチリ観れたのでオッケーです

Img_3303_2

ジェフは残留争いのプレッシャーか、硬さがモロに出ていて前半は特にミスが目立ち危ない場面はありませんでしたね(といっても1点取られたけど)。んでそんな中先制したのはエスパルスで、純平のシュートのこぼれ球に兵働がダイレクトで突き刺しゴール。やっと兵働に今季初ゴール(リーグ戦)が出ました。そして6分後に追いつかれ、更にその6分後。兵働のCKにファーで新が合わせゴール。ゴールした後、新は勢い良く姿を消し(2階席からの死角へ)喜びを爆発していました(笑)。「自分のゴールなんだ」という気持ちが良く伝わって来ましたよ(笑)。しかし記録はオウンゴールでプロ初ゴールとはならず。「新、やはりお前は持ってるな(笑)」。そんな新の幻のゴールで前半を2-1で折り返します。後半に入るとジェフが攻め込んできましたが、エスパルスも西澤からのパスに真希が合わせるなど決定機がありましたが追加点はならず。そして68分に西澤交代。最後に日本平で“らしい”プレーが見ることができて良かった。「ありがとう西澤」。そんで76分、もうこれは千葉キラーと呼んで間違いないでしょう。オカちゃんの二桁となる10点目のゴールが決まり3-1。その後は巻の執念のゴールで1点を返されるもホーム最終戦を勝利で飾り、これで日本平8戦負けなしの6連勝となりました。

Img_3350

エンディングセレモニー。和道、キャプテンなんだからもっとシャキッとしろい(笑)。

Img_3284

日本平にたくさん駆け付けたジェフサポーター。応援も試合前から気合が入っていました。
日本平からの帰り道、坂を下りながらNHKを見ていて「岩政が決めた」と話していたら、前にいたジェフサポさんが「磐田負けたの?」と話し掛けて来てくれました。「もううちはダメだぁ」なんて弱音も…。その後も少し話し、別れ際に「来年もフクアリでやりましょう。頑張ってください」と言ったら笑顔で「ありがとう」と手を振ってくれました。ジェフにはホント頑張ってもらいたいな。最終戦の相手はFトー。尚更勝ってもらわないと。

Img_3329_3

今日の結果で暫定6位となりました。柏の日立台での強さに期待したんですけど残念。それにしても鹿島の勝負強さはスゲーな。磐田も勝ち点を1でも取っていれば16位以内はほぼ確定だったのに。そしてガンバありがとう。レッズ、大分、Fトーの上になんとしても立ちたいですね。来週の京都戦もガッチリ勝ち点3取って今年のリーグ戦を終えたいですね。


Img_3312 喜ぶ兵働。


Img_3313 喜ぶ新(笑)。


Img_3319 一樹と交代する西澤。


Img_3321 【千葉キラー岡崎誕生までの軌跡】
J2節 vs千葉 1ゴール(決勝)
J9節 vs柏 1ゴール(ダメ押し)
練習試合(U-23) vs千葉 2ゴール
J22節 vs柏 2ゴール(先制、決勝)
天皇杯4回戦 vs千葉 1ゴール(決勝)
J33節 vs千葉 1ゴール(決勝)

2008年11月29日(土) 13:00KICK OFF

@日本平スタジアム (静岡県静岡市清水区)

清水エスパルス VS ジェフユナイテッド千葉

3 - 2 ( 2 - 1 )

26分 兵働昭弘(清水)  32分 巻誠一郎(千葉)
38分 オウンゴール(清水)  76分 岡崎慎司(清水)
85分 巻誠一郎(千葉)

GK 山本海人
DF 児玉新
   高木和道
   青山直晃
   高木純平 → 86分/岩下敬輔
MF 山本真希
   伊東輝悦
   枝村匠馬 → 81分/マルコス パウロ
   兵働昭弘
FW 西澤明訓 → 68分/原一樹
   岡崎慎司

観衆 20,079人

オフィシャル : 清水千葉J`s GOAL

Img_3363

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

新聞で振り返る埼スタ初勝利

Img_3270_2 まずは日刊スポーツ「浦和“終戦”」


Img_3269 そんでもって埼玉新聞「赤い埼スタにため息」、「浦和、V遠のく清水に1-2」


Img_3275 エルゴラは「戴冠彼方へ。浦和、失望の敗戦」、「立ち直ったオレンジ軍団。枝村、矢島で埼玉スタジアム初勝利を掌中に」


以上の三紙を載せてみました。埼玉新聞には母校の記事も載っていたんですがまあそこは置いといて、まあどこの新聞も大きくレッズの優勝がほぼ潰えたことが書かれていました。エルゴラのMOMは海人でしたー。このエルゴラは永久保存決定!!(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

2008 Jリーグディビジョン1 第32節 「浦和対清水@埼玉」

 埼スタでのレッズとの対戦成績は1分5敗(うち1敗はナビスコ)。さらに03年の天皇杯準決勝静岡ダービーでも敗れているため、エスパルスは埼スタで1分6敗と勝ちがないのです。しかもここ最近は埼スタでゴールすら奪えていないという始末。最後のゴールは04年の北嶋のゴール。しかしこの試合は部活で参戦できてません。自分が参戦してゴールを生で見たのは埼スタ初試合となった02年の和道のゴールまでさかのぼらなければならないのです(03年の天皇杯も部活でした。最初は参戦を諦めてたんですけど、あの日は朝から雪でけっこう積もっていたのでこりゃ練習試合も中止で埼スタ行けるぞって喜んでたんですけど、結局中止にならず雪ん中試合してました。あん時は悔しかったな~。国立を懸けた静岡ダービーが家の近くでやるっていうのに観に行けないという切なさはもう)。まあ何が言いたいのかっていうと、自分の埼スタ観戦時の成績が1分4敗の1ゴールで、一番近いスタジアムでこの成績は寂し過ぎるってことです。ホントに。でももうこれも今日でおさらばです。明日はきっとやってくれますよ。絶対に!<11月22日>

Img_3255

よっしゃあああ~!!
えだーむらーたくーま オーオオオ えだーむらーたくーま
ラララララーラーラーラー 俺たちと共に行こう~
ヤ・ジ・マ!! ヤ・ジ・マ!! ヤ・ジ・マ!!

落ち着いたらまた更新しまーす。<埼スタ帰宅直後>

Img_3257_2

 いやぁ~気持ち良いです。未だ興奮冷め止まぬです。最高ー!!
まずゴールシーンから振り返ります。まず先制点は後方からの兵働の浮き球パスにエダがボレーでうまく合わせ、赤い集団が陣取るゴールネットを揺らすビューティフルゴールでした。そして同点に追いつかれた後の後半37分。細貝のパスをテルがカットし兵働へ、そして兵働がこれをスペースへを送ると、これにヤジが反応しダイレクトで狭いニアへぶち込み「浦和の夢を打ち砕く勝ち越しゴール」(スカパーのアフターゲームショーより)。このゴール後のゴール裏写真がJ`s GOALで載っていたんですが、良い写真ですね。こん時は興奮が最高潮で、近くのエスパサポさん達とハイタッチした後はとにかく吠えていたと思います(あまりに興奮し過ぎていたため記憶が定かではありません(笑))。
試合全体を振り返ると、試合始まってすぐにイチの負傷退場というハプニングもありましたが、あっちの出来の悪さに助けられましたね。ビルドアップからちぐはぐで動き出しも悪かった。「清水の最終ラインにスピードはない」という理由で1トップに達也で2列目にエスクデロ、ポンテ、相馬を持ってきたみたいだけど、1トップにエジミウソンで2列目に達也がいる方が正直嫌だったかも。それと闘莉王のボランチにも助けられたかな。確かにPA内に入られた時は驚異だったし、ゴールもスーパーゴールだったけどそれがボランチではないからね。
失点してから押し込まれる時間帯が続きましたが、集中を切らさず体を張って良く守ってくれました。そして守り抜いた後のあのゴール。思い出すだけで堪らない。試合が終了してすぐにスタジアムを後にする赤いサポーターを眺めるのは気分が良いですね。そして静まり返ったスタジアムの一角で歓喜のロコロコダンス、最高です。記念すべき埼スタ1勝となりました。
そして何よりレッズの優勝をほぼ潰すことができたのがこれまた最高。鹿島も良く大分に勝ってくれた。鹿島は二番目に嫌いなチームですが、レッズに優勝されるよりかは百万倍もマシなのでここは致し方なしです。ナビスコと天皇杯で鹿島のタイトルを阻んでいますし、名古屋や川崎に先越されるのは嫌なので。それと何としても残り2試合で大分の上に行きたいですからね。3位までは勝ち点5差。まだまだ上を目指せるので、勝ち点6は何が何でも取りたいとこですね。

Img_3252

試合終わった後は今回もまた南門で退場できず正面まで回されました。こっちはチャリで帰るんだっつーの!!そんで結局は赤い集団の流れを逆走する羽目に。そん時に赤いおっさんに「こんな所にいたらやられるぞ」って言われたんですけど、地元の人間にそんな脅しが通用するかっつの。思わず笑っちゃいました。そして赤い集団に混じって美園駅方面へとチャリに跨りながら進みました。またそん時のレッズサポの驚いた反応が面白いんですよ。「埼玉にも清水サポいるんだ」とか「駅まで乗せてって」とかも言われました。まあ中には「そんなもん着て帰ってんじゃねーよ」と酒焼けした声でおばちゃんに言われたりもしましたけど。ユニフォーム着て帰るのがどういけないんですかね?なんて思いながら笑って聞き流してました。一つの野望が達成され満足です(笑)。来年も頼むよー♪

【新聞で振り返る埼スタ初勝利】


2008年11月23日(日) 13:00KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

浦和レッドダイヤモンズ VS 清水エスパルス

1 - 2 ( 0 - 1 )

21分 枝村匠馬(清水)  67分 田中マルクス闘莉王(浦和)
82分 矢島卓郎(清水)

GK 山本海人
DF 児玉新
   高木和道
   青山直晃
   市川大祐 → 15分/高木純平
MF 山本真希
   伊東輝悦
   枝村匠馬
   兵働昭弘
FW 原一樹 → 68分/矢島卓郎
   岡崎慎司 → 87分/山西尊裕

観衆 54,709人 (チケット完売)

オフィシャル : 清水浦和J`s GOAL

Img_3263

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

巨人の清水から西武の清水へ

Hara030523_1thumbnail21_3 清水が西武へ移籍
一番大好きな野球選手でした…。でも当然といえば当然、むしろ遅過ぎたぐらい。こんな所で埋もれる才能じゃない。来年の交流戦は清水にやられるかもな。ライトスタンドに弾丸ライナーぶち込んでくれい。頑張れ清水隆行!!
でもこれからドームで『Go West』が聴けなくなるのはやっぱりさびしいな。

しみーず オォオオオー しみーず オォオオオー
しみーず オォオオオー しみーず オォオオオー

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

第87回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 決勝 「埼玉栄対市浦和@埼玉」

Img_3238 市立浦和高校
12年ぶり13回目の出場決定!!

 市立浦和が埼玉栄を延長戦の末破り、12年前に準々決勝で俊輔(あと佐原もね)を擁する桐光学園に敗れた時以来の出場を決めました。4度の優勝経験を持つ市高。古豪復活期待したいです。

試合は序盤から動きます。まず栄が先制ゴールを決めると、そのすぐ後に市高がPA付近で得たFKを素早いリスタートで繋ぎ、PAに侵入して同点のゴールを奪います。この試合は点の取り合いになるかな?と思ったらとんでもないことが起きました。栄のDFの選手がFKの壁で距離を離れず遅延行為でつまらない警告、そしてそのすぐ後にはオーバラップした際に奪われそのすぐさまに後ろからスライディングタックルをかまし2枚目のイエローで退場。まさかですね(延長に入ってからは総監督のエスクデロ(レッズのセルヒオの父親)も退席処分になっていました。栄と練習試合をやると奴が笛を吹くんですが、偏り過ぎで俺は奴が嫌いです。しかも栄は汚い)。しかしその後は一人少ないことを感じさせないプレーを見せてくれました。後半に市高に勝ち越されましたが、なんとか追い付き延長まで持ち込みます。しかし一人少ないのがやはり痛かった。延長で力尽きました。
市高は1回戦の浦南戦から準決勝まで全てPK戦、そしてこの日も延長にもつれる接戦を制しての優勝。このしぶとさを全国でも是非見せてほしい。
そして気になる組み合わせなんですが、抽選の結果(今年は準決勝が埼スタなんですね。こっちとしては嬉しいけど)市高は2回戦からの登場で相手が滝二となりました。…う~ん、今年の滝二は強いのか?いきなり滝二は厳しいな。でも2年前は高円宮覇者の滝二に武南が勝ったんですよね。あの試合は友達がゴールを決めたし素晴らしかった。今年もやってもらわないと。2年前は埼スタでオカちゃん捜したけど見つけられませんでした(というかそもそも来てなかったんだと思います)。今年は来るかな?でも天皇杯決勝の翌日だから来ねーか(笑)。

<<決勝ハイライト


2008年11月16日(日) 14:05KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

埼玉栄高校 VS 市立浦和高校

2 - 3 ( 1 - 1、 1 - 1、 0延長1 )

08分 高瀬優孝(埼玉栄)  11分 徳島翔(市浦和)  56分 桑原岳人(市浦和)
73分 佐瀬裕太(埼玉栄)  97分 桑原岳人(市浦和)

観衆 7,225人

オフィシャル : 埼玉県サッカー協会

Img_3245

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

天皇杯準々決勝進出!!

 エスパルスがカシマで4対3の死闘を演じている時、ビッグサイトで企業セミナーに参加していました。こんな状況ですので…。ホントなんでまあちょうどこの俺らン時に……。まあやるしかないです。
それにしてもゴール速報メールが来るわ来るわで、開く時のバクバク感といったらもう。ホント良くやってくれました。準々決勝の相手はFトー、これは負けられねー。場所は未定。埼スタでやってくれねーかな?駅には「天皇杯準々決勝開催のため12月20日は混雑します」と貼り紙がしてあったので埼スタがどっかの会場になることは間違いないんですが、「鳥栖対マリノス」とどっちになるかなと予想。こっちの方が集客があるぞー。なんとなく仙台になりそうな気もします。まあその前に来週の埼スタ。この勢いで次も赤狩りじゃー!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

2008 ジャイアンツ総括

421 【成績】

<順位>     勝   敗  分  勝率  ゲーム差
1位  巨人  84  57  3  .596   -
2位  阪神  82  59  3  .582   2.0
3位  中日  71  68  5  .511  10.0
4位  広島  69  70  5  .496   2.0
5位  ヤクルト  66  74  4  .471   3.5
6位  横浜  48  94  2  .338  19.0

<クライマックス>
第2ステージ vs中日 3勝1分1敗(1勝アドバンテージ)

<日本シリーズ>
vs埼玉西武 3勝4敗


【タイトル】

セ・リーグMVP ラミレス
新人王 山口鉄也

最多打点 ラミレス 125打点
最多勝利 グライシンガー 17勝
最多セーブ クルーン 41S

ベストナイン
   ・投手 グライシンガー
   ・捕手 阿部慎之助
   ・外野手 ラミレス
ゴールデン・グラブ賞
   ・捕手 阿部慎之助
   ・外野手 鈴木尚広
月間MVP
   ・5月 ラミレス
   ・7月 グライシンガー
   ・9月 小笠原道大

最優秀投手 グライシンガー
最優秀バッテリー賞 グライシンガー阿部慎之助
新人選手特別賞 坂本勇人
最優秀監督賞 原辰徳

クライマックス・セMVP ラミレス
日本シリーズ優秀選手賞 鈴木尚広


【観戦試合】

セ・リーグ
05月11日(日) vs中日 @東京D 9○3 グライシンガー
07月11日(金) vs横浜 @東京D 4○1 グライシンガー
07月20日(日) vs横浜 @横浜 1●4 バーンサイド
10月05日(日) vs中日 @東京D 3○0 上原
10月08日(水) vs阪神 @東京D 3○1 内海
10月11日(土) vsヤクルト @神宮 3○2 久保

セ・パ交流戦
05月21日(水) vsロッテ @千葉マリン 8○3 西村健
06月09日(月) vs西武 @東京D 3●9 グライシンガー

イースタン・リーグ
05月07日(水) vsロッテ @ロッテ浦和 1●4 東野

クライマックスシリーズ
10月22日(水) vs中日 @東京D 3●4 クルーン
10月24日(金) vs中日 @東京D 5△5 -

日本シリーズ
11月06日(木) vs西武 @西武 7○3 西村健
11月09日(日) vs西武 @東京D 2●3 越智

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

2008 プロ野球 日本シリーズ 第7戦 「巨人対西武@東京D」

Img_3221  残念ながら日本一奪回とはなりませんでした。ホント悔しい。
ちょうどこの前の試合の日記で越智が打たれて負けるのなら文句はないって言ったばっかりだったんですが、まさかこうゆう結末になるとは…。もちろん文句なんかないですよ。まあこの試合についてのたらればはありますが、言い出すときりがないのでそれは止めときます。3回からは西武投手陣にパーフェクトに抑えられ、この試合は完敗でした。
でも打たれたのが今年チーム最多登板の越智で、最後のバッターとなったのが今年何度もチームを救ってくれたラミレスで良かった。

Img_3225

昨年Bクラス5位からのこの日本一。今年から頭に埼玉をつけて、県営などで試合を開催し地域密着(活動をしてるのかは埼玉に住んでても良くわからないですが)を目指し、監督も変わった1年目でホント良いチームになったなと思います(だからといって好きにはなりませんけどね)。来年は負けねーぞ!

09年はセV3
そして今度こそ日本一奪回だ!!


2008年11月09日(日) 18:15PLAY BALL

@東京ドーム (東京都文京区)

読売ジャイアンツ VS 埼玉西武ライオンズ

西 武
巨 人

勝利投手 : 星野智樹 1勝0敗
敗戦投手 : 越智大祐 1勝1敗
セーブ : グラマン 0勝0敗2S

西武バッテリー : 西口、石井一、涌井、星野、グラマン-銀仁朗、野田
巨人バッテリー : 内海、西村健、越智、豊田-鶴岡、加藤

西武本塁打 : ボカチカ 1号(5回ソロ)
巨人本塁打 : 坂本勇人 1号(2回ソロ)

1 (中)鈴木尚広 → 9回/(捕)加藤健
2 (二)木村拓也
3 (三一)小笠原道大
4 (左)ラミレス
5 (右中)亀井義行
6 (一)李承燁 → 8回/(投)豊田清
7 (遊)坂本勇人
8 (捕)鶴岡一成 → 8回/(打右)谷佳知
9 (投)内海哲也 → 6回/(投)西村健太朗 → 7回/越智大祐
  → 8回/(三)脇谷亮太

試合時間 3時間20分

観衆 44,737人

オフィシャル : 巨人西武NPB

Img_3215  

| コメント (0) | トラックバック (0)

第87回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 準決勝 「埼玉栄対大宮東@駒場」

Img_3189  高校選手権埼玉県予選の準決勝です。まず第1試合は「埼玉栄対大宮東」の試合。
栄には小中の後輩が試合に出ていました。試合は栄が押していましたが、大東にも決定機はけっこうあったんですけどね。栄が1点を守り切って決勝進出です。


Img_3188 埼玉栄イレブン


Img_3187 大宮東イレブン


第2試合「正智深谷対市立浦和」へ


2008年11月09日(日) 11:35KICK OFF

@さいたま市浦和駒場スタジアム (埼玉県さいたま市浦和区)

埼玉栄高校 VS 県立大宮東高校

1 - 0 ( 1 - 0 )

20分 ゴンザレス高彦(埼玉栄)

観衆 4,000人

オフィシャル : 埼玉県サッカー協会

| コメント (0) | トラックバック (0)

第87回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 準決勝 「正智深谷対市浦和@駒場」

Img_3194  第1試合の「埼玉栄対大宮東」に続いて第2試合の「正智深谷対市立浦和」の試合です。
市高はまたしてもPK戦となりました。準々決勝をPKで勝ちあがってるだけに危なげないPKで5人全員が成功。そして正智の5人目をセーブして決勝進出となりました。正智は栄に昨年のリベンジとはいきませんでした。
これで決勝戦は埼玉栄と市立浦和の対戦となりました。


Img_3191 正智深谷イレブン


Img_3192 市立浦和イレブン


2008年11月09日(日) 13:35KICK OFF

@さいたま市浦和駒場スタジアム (埼玉県さいたま市浦和区)

正智深谷高校 VS 市立浦和高校

0 - 0 ( 0 - 0、 0 - 0、 0延長0 ) 4PK5

観衆 3,000人

オフィシャル : 埼玉県サッカー協会

Img_3199  

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

2008 プロ野球 日本シリーズ 第5戦 「西武対巨人@西武」

Img_3164  2勝2敗のタイで迎えた日本シリーズ第5戦。勝った方が日本一へ王手。この大事な第5戦には、第1戦でも投げ合った両エースが中4日のマウンドに上がりました。ジャイアンツとしては第1戦、涌井に8回1安打と完璧に抑えられているだけに、今回は是が非でも打ち崩して上原の援護をしたいところ。
試合は初回、上原がいきなり先頭から3連打を浴びいきなりの無死満塁のピンチ。しかしゲッツー崩れの間の1点でなんとかこのピンチを切り抜けました。そして2回のジャイアンツの攻撃では、不調のスンヨプに代わって5番DHに入った慎之助がバックスクリーンに同点のソロアーチを放ちます。打った瞬間高々と上がった打球は思いのほか伸びてくれて、ギリギリスタンドインしました。しかし同点にはしたものの、上原がピリッとせず、3回に坂本のエラーも絡んで再び1点リードされます。

Img_3159

原監督は3回を投げ終えた所でエースを下げ、4回からはジャイアンツ自慢の若手リリーフ陣にマウンドを託すこととなりました。そして期待通りの活躍で西武の攻撃を完璧に抑えます。しかし肝心のジャイアンツ打線も涌井に6回まで2安打に抑えられます(第1戦も合わせれば14回で3安打に抑えられているということに…)。

Img_3169

しかーしこののままで終わるジャイアンツ打線ではない。ラッキー7、ついに打線が爆発。口火を切ったのはラミちゃん。一死からセンター前に弾き返すと打球は二塁ベースに当たってライト方向へ。ライトが捕球する間にラミちゃん二塁へ激走セーフ。この果敢な好走塁で球場は一気に盛り上がります。続く5番慎之助が一、二塁間を抜いてライト前ヒット。ここでラミちゃんまたしても激走ホームイン。7回ついに同点に追い付きます。そして更に6番亀井がセンターフェンス直撃の二塁打を放ちます。しかし慎之助の足では還ってくることができず一死二三塁。亀井の打球は惜しくもホームランとはなりませんでしたが、逆に入らなくて良かった。6番脇谷が2点三塁打を放ち押せ押せムード。そして最後は3回のエラー挽回するために、このチャンスに気合が入っていた坂本のタイムリーまでも飛び出し、この回怒涛の5連打で4点を奪い、試合を一気にひっくり返しました。
9回には代打谷のタイムリーに尚広のスクイズまでも決まりリードを5点とし、最後はクルーンがきっちりとはいきませんでしたが締めてゲームセット。西武の6回10安打で2点という拙攻にも助けられ、ジャイアンツが第5戦目を制して3勝2敗とし、日本一へ王手をかけました。

Img_3167

この試合は上原を3回で見切り、4回から5人の継投で乗り切りましたが、中でも健太朗、山口、越智の3人の今季の活躍はホント素晴らしい。この3人の誰かが打たれて負けたのなら文句はないです。
そしてこの試合は何と言っても7回の5連打ですね。文字通りのラッキー7で球場の盛り上がりも凄かったです。
さあー、6年ぶりの日本一奪回へあと1勝です。第7戦のチケットはあるんですが、今年はリーグ優勝の胴上げ、クライマックスの胴上げとチケットのある前の試合で決まってしまっているので土曜日に決まるかな。ってか決めてくれ。日本一の瞬間が楽しみで仕方ないです。

Img_3172


2008年11月06日(木) 18:15PLAY BALL

@西武ドーム (埼玉県所沢市)

埼玉西武ライオンズ VS 読売ジャイアンツ

巨 人 10
西 武 13

勝利投手 : 西村健太朗 1勝0敗
敗戦投手 : 涌井秀章 1勝1敗

巨人バッテリー : 上原、山口、西村健、豊田、越智、クルーン
            -鶴岡、加藤
西武バッテリー : 涌井、小野寺、三井、谷中-細川、銀仁朗、野田

巨人本塁打 : 阿部 1号(2回ソロ)
西武本塁打 : 平尾 1号(9回ソロ)

1 (中)鈴木尚広
2 (二)木村拓也
3 (一)小笠原道大 → 9回/(遊)古城茂幸
4 (左)ラミレス → 8回/(走左)加治前竜一
5 (指)阿部慎之助
6 (右)亀井義行
7 (三)脇谷亮太
8 (遊)坂本勇人 → 9回/(打一)李承燁
9 (捕)鶴岡一成 → 9回/(打)谷佳知 → 9回/(捕)加藤健
P (投)上原浩治 → 4回/(投)山口鉄也
  → 5回/(投)西村健太朗 → 7回/(投)豊田清
  → 8回/(投)越智大祐 → 9回/(投)クルーン

試合時間 3時間31分

観衆 28,763人

オフィシャル : 巨人西武NPB

Img_3179

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

第87回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 準々決勝 「市浦和対浦和東@しらこばと」

Img_3136  気分転換に選手権埼玉県予選準々決勝を観て来ました。場所は越谷のしらこばで家から近いんですが初めて来ました。競技場は出来たばっかりで綺麗なんですけど、メインスタンドが小さくバックスタンドは芝生席で、準々決勝をここで行うのは少し厳しいような気がします。しかもトラックは青色、青色のトラックといったら…。はあ…。それを見て再び落ちました。
まあそれはさておき試合の方はというと、浦東が終始押してました。しかし先制したのは市高でオウンゴールによるものでした。後半浦東がなんとか追い付き延長戦に持ち込み、延長戦では決着がつかずPK戦となります。PKは両チーム4人が蹴って一人ずつ外し、5人目のキッカーへと命運は委ねられます。まず先攻の市高5人目のキッカーが決めます。そして浦東5人目のキッカーはキャプテンでこの試合オウンゴールをしてしまった選手。蹴ったボールは左ポスト内側を弾き、そのままゴールへ向かうと思いきや今度は逆の右ポストを弾きゴールの枠へと外れてしまいました。うぅ~、あれはしばらく立ち直れないですね。
市高は1回戦での南高戦に続き、この日も浦和対決を制してベスト4へと駒を進めました。
そういえばこの試合で面白いロングスローをしている選手がいました。あれは昔キャプ翼で見たことあるネオローリングスローですね。その瞬間を撮ったはずだったんですが上手くタイミングが…(苦笑)。

Img_3137 前方倒立回転の反動で遠くに飛ばすスローインです。でもこれって危ないから禁止されてるんじゃなかったけ?

第2試合「正智深谷対武南」へ


2008年11月02日(日) 11:35KICK OFF

@越谷市しらこばと運動公園陸上競技場 (埼玉県越谷市)

市立浦和高校 VS 県立浦和東高校

1 - 1 ( 1 - 0、 0 - 1、 0延長0 ) 4PK3

28分 オウンゴール(市浦和)  66分 豊田雅樹(浦和東)

観衆 3,500人

オフィシャル : 埼玉県サッカー協会

Img_3138

| コメント (0) | トラックバック (0)

第87回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会 準々決勝 「正智深谷対武南@しらこばと」

Img_3142  第1試合「市立浦和対浦和東」に続いて第2試合、「正智深谷対武南」の試合です。
ほぼ正智が試合を支配していましたが、中々得点が奪えずの展開でした。後半20分ごろまで0-0。ここで時間のため競技場を後にしました。第1試合がPK戦まで行ったので最後まで観られませんでした。試合は試合終了間際に正智がFKを直接決めてベスト4を決めたようです。

これで準決勝の組み合わせが
「埼玉栄対大宮東」、「市立浦和対正智深谷」となりました。昨年と同じ決勝のカードになりそうな気もしますが、ここは公立の大宮東、市立浦和に頑張ってもらいたいです。
母校はベスト32で敗退してしまいました。


2008年11月02日(日) 13:35KICK OFF

@越谷市しらこばと運動公園陸上競技場 (埼玉県越谷市)

正智深谷高校 VS 武南高校

1 - 0 ( 0 - 0 )

78分 木村晋作

観衆 2,800人

オフィシャル : 埼玉県サッカー協会

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 「大分対清水@国立」

Img_3124  悔しい。悔しい。「清水は12年前にカップを持ち帰っているので見るだけにして、今回はぜひ大分に持ち帰ってほしい」というナビスコ社長の前夜祭でのあいさつ。ニューヒーロー賞といい、世間ではすべてが大分贔屓。絶対に勝ってやりたかった。世間の思惑通りの結果になってしまったことがホント悔しい。試合終了直前に大分のサポが勝利を確信してタオマフ掲げるシーンを見せられ、あまりの悔しさに堪え切れませんでした。でももうホント何もできずに完敗でした。
試合前日の夜は興奮のあまり結局一睡もできず、4時に支度を始めて5時に家を出発し、6時には国立に並んでいました。そこでも全く眠くはなりませんでした。だけど試合終わったと同時にどっと疲れが出て、帰宅後はとても日本シリーズを見る元気なんかなく、力尽きました。6時間寝て深夜0時過ぎ、テレビを点けたらスパサカで炭酸水?のシーンで、即行でテレビを消し、録画もキャンセルして消去。ここでさらに悔しさがこみ上げて来ました。しかも巨人も負けてるし。今日はもうダメダメです。

まだ天皇杯もあるし、リーグ戦も残り4試合ある。まだうちは発展途上。この悔しさを糧に…。これからも必至で応援します。でもまだ当分立ち直れない。



Img_3081 早朝の国立。


Img_3082 次こそ。


Img_3085 青空を飛行するオレンジの飛行船。


Img_3086 開門直後の国立のスタンド。


Img_3091 相変わらずの人気者。


Img_3101 必死に応援していました。


Img_3100 オレンジに染まったスタンドを見て、凄い嬉しそうな顔していた一樹が印象的でした。


Img_3103 歴代ビッグフラッグ。


Img_3102 その中。


Img_3113 コレオグラフィー。


Img_3111 青空の国立。


Img_3117 またここに戻ってこよう。


2008年11月01日(土) 13:35KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

大分トリニータ VS 清水エスパルス

2 - 0 ( 0 - 0 )

68分 高松大樹(大分)  89分 ウェズレイ(大分)

GK 山本海人
DF 児玉新 → 71分/市川大祐
   高木和道
   青山直晃
   岩下敬輔
MF 伊東輝悦
   兵働昭弘
   山本真希 → 71分/マルコス パウロ
   枝村匠馬 → 82分/矢島卓郎
FW 岡崎慎司
   原一樹

観衆 44,723人 (チケット完売)

オフィシャル : 清水大分J`s GOAL 

Img_3133

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »