« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

第87回全国高校サッカー選手権大会 1回戦 「富岡対日章学園@埼玉」

Img_3559_2  今年もあと1日。ということで大晦日恒例の選手権を観に行ってきました。今年も埼玉県代表は2回戦からの登場なので、今回は埼スタの方へ行ってきました。まず第1試合の「富岡対日章学園」の試合です。
昨日、一昨日は暖かかったんですが、今日は風も強くグッと気温も下がりかなり寒かったですね。昨日、一昨日とバイトが外売り場担当だったのでこの寒さが昨日じゃなくてホント良かったよ。
試合結果は後半に日章学園が先制し、終盤に富岡が同点ゴールを奪いにいったところをカウンターくらって2-0で日章学園が2回戦進出です。

<<1回戦「富岡対日章学園」ハイライト

<<第2試合「富一対筑陽」へ


Img_3558 初出場の福島県代表 富岡高校
公立ですがグラウンドは人工芝、週1でJFAから指導者が来てるとのこと。


Img_3557 2年連続6回目の出場の日章学園高校
監督の早稲田一男と主将の早稲田昂平の親子鷹で1回戦突破。親子で選手権ゴール達成。

Img_3556_2 磐田内定している富岡高校DF本田慎之介
途中交代しちゃったしイマイチ良くわかりませんでした。187センチなんで高さはあります。


2008年12月31日(水) 12:05KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

富岡高校 (福島県代表) VS 日章学園高校 (宮崎県代表)

0 - 2 ( 0 - 0 )

60分 梯太己(日章学園)  79分 早稲田昂平(日章学園)

観衆 2,800人

Img_3562

| コメント (0) | トラックバック (0)

第87回全国高校サッカー選手権大会 1回戦 「富山一対筑陽@埼玉」

Img_3572  第1試合「富岡対日章学園」に続いて第2試合「富一対筑陽」。第1試合でもそうだったんですが、昨日の開幕戦を視察した犬飼の言葉で今日は主審が無理に流そうとしているのが明らかだった。あれはPKだったな。今日は選手が主審のジャッジにクレームをつける場面が目立ちましたね。まあ確かに昨日の開幕戦の主審(やっぱり奥谷はダメだ)はクソだったし、選手も倒れ過ぎてたんだけど。でもPKを走って行く選手なんていないだろう。キッカーの心情としては気持ちを落ち着かせてペナルティスポットに向かいたいだろうし。


Img_3571 6年連続22回目の出場の富山県代表 富山第一高校
今日の敗戦で6年連続初戦敗退。富山県勢としても8年連続の初戦敗退。



Img_3569 5年ぶり2回目の出場の福岡県代表 筑陽学園高校
5年前に初出場で準優勝して以来の出場。個人的には好きな東福岡を見たかったんですが、その東福岡を決勝で破っての出場。


Img_3568 柳沢敦、西野泰正(ともに京都)、中島裕希(仙台)が背負ってきた富一伝統の10番。

<<1回戦「富一対筑陽」ハイライト

この試合が2008年最後のサッカー観戦となりました。おそらく51試合目?
そして今年も高校サッカーを観戦した後は浦和のばあちゃんちへと向かいました。親戚が集まって年越すのが大晦日の恒例となっているのです。まあそんなこんなでいつもと変わらない大晦日を過ごすことができました。


2008年12月31日(水) 14:10KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

富山第一高校 (富山県代表) VS 筑陽学園高校 (福岡県代表)

0 - 1 ( 0 - 0 )

53分 石橋翔平(筑陽)

観衆 1,800人

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

2008 清水エスパルス総括

2008101817306011  2008シーズンのエスパルス。開幕からつまづきその後3連敗。前半戦は15位。一時は降格圏内の16位。しかしナビスコでは若手が台頭し準々決勝で鹿島撃破。そして決勝進出。しかし国立で涙。史上最低のダービー。埼スタ初勝利。リーグ終盤巻き返し、後半戦1位の勝ち点36を稼ぎ、最終節を終えて今季リーグ戦最高位の5位でフィニッシュ。「11.1」のリベンジを誓い、「1.1」の国立を目指した天皇杯は仙台で準々決勝敗退…。
ざっと振り返ってみました。「極」を目指した08シーズンのエスパルスでしたがタイトル獲得とはなりませんでした。悔しいシーズンとなりました。しかーし今はもう09シーズンしか見えていません。健太体制5年目の集大成で、悲願のリーグ制覇、これしかない。

 今シーズンは21試合を観戦して6勝でした(昨年は24試合で11勝)。日本平では8試合観戦して2勝です。リーグ戦に限ってはホーム初勝利を見たのがホーム最終戦の千葉戦…。調子が出てきた後半戦を1試合しか見ていない自分が悪いんですがね。さて来シーズンはどんぐらい観戦できるかな。まあそれも内定がいつもらえるかによってですがね。売り手市場から就職氷河期…。はぁぁぁ~。頑張るしかない。

 今年も独断と偏見による、ベストゲーム&ゴールTOP5を考えてみました。選考理由は書きません。書かなくてもみなさんはわかると思いますので

 では最後に今年一年お疲れ様でした。来年こそは優勝の喜びを分かち合いましょう。09年もどうぞよろしくお願いします。よいお年を~。


【2007年成績】

《リーグ戦》 5位

順位 勝点 得点 失点 勝率
年間  5 55 16 11 50 42 +8 .470
ホーム  4 33 10 26 16 +10 .588
アウェイ  5 22 24 26 -2 .352
前半 15 19 16 24 -8 .294
後半  1 36 11 34 18 +16 .647

<得点ランキング>
16位 岡崎慎司 10得点 47シュート 27試合
21位 枝村匠馬  8得点 50シュート 30試合
35位 原一樹    6得点 19シュート 26試合
41位 西澤明訓  5得点 11シュート 21試合
     矢島卓郎  5得点 37シュート 24試合
96位 岩下敬輔  2得点 16シュート 18試合
     山本真希  2得点 18シュート 11試合
     藤本淳吾  2得点 28シュート 18試合
-   戸田光洋  1得点  2シュート  8試合
     本田拓也  1得点  3シュート 16試合
     パウロ    1得点 10シュート 20試合
     高木和道  1得点 12シュート 34試合
     青山直晃  1得点 13シュート 33試合
     兵働昭弘  1得点 26シュート 23試合
     フェルナンジーニョ 1得点

《ナビスコカップ》 準優勝

<予選リーグ>
Bグループ1位 勝点11 3勝2分1敗13得点6失点

<決勝トーナメント>
準々決勝 vs鹿島  第1戦0△0 第2戦2○1 合計2○1
準決勝  vsG大阪 第1戦1△1 第2戦3○2 合計4○3
決勝    vs大分  0●2

<得点ランキング>
 2位 藤本淳吾 4得点 11シュート  6試合
     枝村匠馬 4得点 15シュート 11試合
15位 岩下敬輔 2得点  4シュート 10試合
     西澤明訓 2得点  5シュート  8試合
-   矢島卓郎 1得点 6試合
     高木和道 1得点 7試合
     山本真希 1得点 7試合
     兵働昭弘 1得点 7試合
     原一樹   1得点 9試合
     フェルナンジーニョ 2得点

《天皇杯》 ベスト8

4回戦   vs千葉  1○0
5回戦   vs鹿島  4○3(2EX1)
準々決勝 vsF東京  1●2

【アウォーズ】

<フェアプレー賞高円宮杯> 清水エスパルス

<Jリーグベストピッチ賞> 日本平スタジアム

<優秀新人賞> 原一樹

【観戦試合】

《リーグ》 15試合5勝4分6敗20得点20失点 勝率.333

第1節 vs大分 @日本平 1●2 枝村匠馬
第2節 vs千葉 @フクアリ 2○1 藤本淳吾、岡崎慎司
第3節 vs大宮 @日本平 0△0
第4節 vs浦和 @日本平 1●2 藤本淳吾
第7節 vs横浜M @日産 1△1 西澤明訓
第9節 vs柏 @柏 2○0 フェルナンジーニョ、岡崎慎司
第10節 vs磐田 @日本平 1△1 原一樹
第13節 vs東京V @味スタ 1●4 オウンゴール
第16節 vs神戸 @日本平 0●1
第17節 vs川崎 @等々力 1●2 矢島卓郎
第18節 vs大宮 @NACK 0△0
第27節 vs鹿島 @カシマ 0●2
第28節 vsF東京 @味スタ 5○1 山本真、岩下、原、岡崎、戸田
第32節 vs浦和 @埼玉 2○1 枝村匠馬、矢島卓郎
第33節 vs千葉 @日本平 3○2 兵働昭弘、オウンゴール、岡崎慎司

<得点>
岡崎慎司4得点 枝村匠馬2得点 藤本淳吾2得点 原一樹2得点
矢島卓郎2得点 西澤明訓1得点 山本真希1得点 岩下敬輔1得点
戸田光洋1得点 兵働昭弘1得点 フェルナンジーニョ1得点
オウンゴール2得点

《ナビスコカップ》 4試合1勝2分1敗3得点4失点

予選第2節 vs東京V @味スタ 0△0
準々決勝第2戦 vs鹿島 @日本平 2○1 岩下敬輔、兵働昭弘
準決勝第1戦 vsG大阪 @日本平 1△1 枝村匠馬
決勝 vs大分 @国立 0●2

《天皇杯》 1試合0勝1敗1得点2失点

準々決勝 vsFC東京 @ユアスタ 1●2 高木和道

《サテライトリーグ》 1試合0勝1敗1得点2失点

第12日 vs川崎 @等々力 1●2 原一樹

《通算》

21試合6勝6分9敗25得点28失点 勝率350

日本平 8試合2勝3分3敗9得点10失点

アウェイ 11試合4勝3分4敗15得点14失点

ニュートラル 2試合0勝2敗1得点4失点

【おまけ】 

《ベストゲームランキング》

1位 ナビスコ準々決勝 第2戦 vs鹿島アントラーズ @日本平 2○1
2位 Jリーグ 第32節 vs浦和レッドダイヤモンズ @埼玉 2○1
3位 Jリーグ 第28節 vsFC東京 @味スタ 5○1
4位 ナビスコ準決勝 第2戦 vsガンバ大阪 @万博 3○2
5位 Jリーグ 第12節 vs鹿島アントラーズ @日本平 1○1

《ベストゴールランキング》

1位 兵働昭弘 ナビスコ準々決勝 第2戦 vs鹿島アントラーズ
2位 原一樹 Jリーグ 第28節 vsFC東京
3位 山本真希 ナビスコ準決勝 第2戦 vsガンバ大阪
4位 枝村匠馬 Jリーグ 第32節 vs浦和レッドダイヤモンズ
5位 矢島卓郎 Jリーグ 第32節 vs浦和レッドダイヤモンズ

Img_3547

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

叙々苑

Img_3551_2  叙々苑高田馬場店へ行ってきました。もちろん叙々苑に行くのは初めてでしたが、店の雰囲気からスゴイ。牛タン、イベリコ、カルビ、ロース。肉柔らかすぎ!!こんな所に来ることなんてそうそうないのでしっかりと美味しい肉を味わわせてもらいました。
写真は最後に出てきたアイスクリームです。ごちそうさまでした。
それにしても会計はどんぐらいだったんだろ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

エスパルス来季新人獲得候補

今季エスパルスに練習参加した選手や、獲得候補になった選手のリストです。

平木良樹
1986年10月17日生 千葉県八街市出身
172センチ 68キロ MF、SB(左利き)
経歴:流通経済大柏高→流通経済大4年
代表歴:ユニバーシアード日本代表(07年)
練習参加 07年02月04日~15日(鹿児島キャンプ)
オファー:清水、名古屋、新潟
内定:名古屋(08年10月10日)

野本泰崇
1986年04月27日生 新潟県新井市出身
176センチ 70キロ SB(右利き)
経歴:鹿島Jrユース→鹿島ユース→筑波大4年
代表歴:U-15日本代表(01年)、U-16日本代表(02年)
練習参加 07年12月04日~07日
        08年08月01日~06日(ナビスコ鹿島戦観戦)
オファー:山形
内定:岐阜(08年11月29日)

渡邉千真
1986年08月10日生 長崎県出雲市出身
180センチ 75キロ FW(右利き)
経歴:国見高→早稲田大4年
代表歴:U-19日本代表(04年)、 U-22日本代表(06年)
     ユニバーシアード日本代表(07年)
練習参加 07年12月06日~07日
        08年08月01日~06日(ナビスコ鹿島戦観戦)
オファー:清水、川崎、横浜M、名古屋
内定:横浜M(08年08月22日)

岡根直哉
1988年04月19日生 大阪府岸和田市出身
189センチ 80キロ CB(右利き)
経歴:初芝橋本高→早稲田大2年
練習参加 08年08月01日~06日(ナビスコ鹿島戦観戦)
特別指定選手:清水(08年08月26日承認)

サムエル・エンリケ・シルバ・ギマラエス
1989年07月21日生 ブラジル出身
MF(左利き)
経歴:安達学園中京高3年
練習参加 08年07月24日~26日

竹内涼
1991年03月08日生 静岡県浜松市出身
173センチ 66キロ MF(右利き)
経歴:浜松開誠館中→浜松開誠館高3年
代表歴:U-17日本代表(08年)
練習参加 08年07月26日~31日
オファー:清水
内定:
清水(08年09月18日仮契約)

栗山直樹
1990年12月08日生 静岡県静岡市出身
179センチ 70キロ DF(右利き)
経歴:キューズFC→清水東高3年
練習参加 08年07月26日~31日

栗本広輝
1990年06月16日生 愛知県名古屋市出身
180センチ 69キロ DF(右利き)
経歴:エスパルスサッカースクール藤枝→清水商高3年
練習参加 08年07月26日~31日

前田陽平
1990年05月19日生 静岡県静岡市出身
172センチ 60キロ MF、FW(右利き)
経歴:エスパルスJrユース→エスパルスユース3年
代表歴:U-15日本代表(05年)
練習参加 08年08月10日~17日
内定:
湘南(08年12月12日)

木島悠
1986年05月18日生 兵庫県神戸市出身
169センチ 64キロ FW
経歴:滝川第二高→筑波大3年
内定:
清水(08年10月30日)

岡大生
1988年04月18日生 愛知県名古屋市出身
184センチ 70キロ GK
経歴:名古屋Jrユース→清水商業高→駒沢大2年
練習参加 08年12月11日~13日

河井陽介
1989年08月04日生 静岡県藤枝市出身
161センチ 50キロ MF
経歴:藤枝東FC→藤枝東高→慶應義塾大1年
代表歴:U-18日本代表(07年)
練習参加 09年鹿児島キャンプ参加予定
特別指定選手:清水?

来季エスパルスに加入する新人選手は、浜松開成館高校の竹内涼選手と筑波大学の木島悠選手の二人で決定ですかね。
あとはこのストーブリーグでどれだけの流出を防ぎ、どれだけの選手を獲得できるかです。現時点では西澤、アウレリオ、山西、戸田の退団が決定し、ヨンセンの獲得が決定している。そして和道がガンバ、矢島が川崎から狙われている。正直和道には残るにしろ出るにしろ早く決めてもらわないと困る。出るのであればCBの補強は急務です。そして左SBの補強も。横浜FCの太田の獲得に動いているようですがどうなるのでしょう。西澤、山西、戸田とチームを支えるベテランが抜けた穴も不安です。
移籍動向をチェックし落ち着かない毎日ですが、見守るしかないですね。

そして早速来季からエスパルスの一員となるヨンセンの登場です。一樹ナーイス。さすが(笑)。ヨンセンの高さは新たなオプションも加わり大きい。これでセットプレーにも迫力が増す。そしてなんといっても人間性。来季のエスパルスは元警察官でジェントルマンの北欧の巨人に委ねられます。 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

第88回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 「清水対F東京@ユアスタ」

Img_3511  11.1のリベンジを誓い、天皇杯獲得に挑みましたが、準々決勝で敗れ3年連続のベスト8となってしまいました。これで2008シーズンのエスパルスの全日程が終了です。残念です。悔しいです。
来年こそは!
一年間お疲れ様でした。

Img_3515

こっからは遠征記を。
仙台へは深夜2時半に家を出発しました。仙台までは東北道で浦和ICから一本、350キロ程度なので思っていた以上に近く感じました。一回寝るとキツくなるので行けるとこまで行こうかと思い、5時ぐらいに福島県に入った所で力尽き、SAに入り2時間程寝ました。そんで7時過ぎに目を覚まし、再び車を走らせ9時前には仙台入りすることができました。
仙台に着いてからはユアスタを通り過ぎ、仙台駅の方まで行ってみました。中央分離帯には木が植えられていて、さすが杜の都・仙台だなぁと感じます。
Img_3500 11時頃ユアスタに到着しました。好感度1、2を争うスタジアムと言われているワケが行ってみて少しわかりました。これに仙台サポーターがつくり出す熱気が加われれば最高で、1、2を争うワケも良くわかるのでしょう。早くこのスタジアムでアウェイを感じてみたくなりました。
Img_3502 試合終了後は再び仙台駅へと向かいました。そして仙台駅エスパル(スは?)の「伊達の牛たん」で極厚牛たん芯たん定食を頂きました。「うっま~」。しかーし、東京サポも多くいて、隣の席からは「アカミネ」や「エコパ」などのキーワードが聞こえ折角の食事を害されました。お土産には牛たんと萩の月を買いました。それを渡す相手がガンバとFトーを応援している友達にだったので買うのも止そうかと思ったんですけどね…(苦笑)。
Img_3519 夕方の仙台駅周辺はやたらと混んでいました。そしたら綺麗にライトアップされた道があり、混雑はそのせいだったのかもしれません。そして再び東北道に乗って埼玉に帰ってきました。途中時間を潰しながら12時過ぎに料金所を追加したので、復路もETC割引で半額です。
まあそんなこんなで伊達な旅、終了です。


2008年12月20日(土) 13:00KICK OFF

@ユアテックスタジアム仙台 (宮城県仙台市泉区)

清水エスパルス VS FC東京

1 - 2 ( 1 - 0 )

25分 高木和道(清水)PK  49分 赤嶺真吾(F東京)PK
50分 赤嶺真吾(F東京)

GK 山本海人
DF 児玉新
   高木和道
   青山直晃
   岩下敬輔 → 70分/高木純平
MF 山本真希
   伊東輝悦
   枝村匠馬
   兵働昭弘 → 84分/長沢駿
FW 岡崎慎司
   原一樹 → 70分/矢島卓郎

観衆 8,051人

オフィシャル : 清水F東京J's GOAL

Img_3518

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 M6 5位決定戦 「アルアハリ対アデレード@横浜国際」

Img_3403  準決勝「ガンバ対マンU」の前にまずは5位決定戦の「アルアハリ対アデレード」から。といっても観たのが後半の途中からなので試合内容はあんまり良く分かりません。結果はアデレードがアフリカ王者のアルアハリを1-0で下し、5位決定戦を制しました。6位の賞金は100万ドル(約9632万円)。それに対して5位の賞金は150万ドル(約1億4448万円)。勝つと負けるのとじゃクラブにっとて大きな違いです。

準決勝「ガンバ対マンU」へ


2008年12月18日(木) 16:30KICK OFF

@横浜国際総合競技場 (神奈川県横浜市港北区)

アルアハリ VS アデレード・ユナイテッド
(エジプト/CAF)   (オーストラリア/ACL準優勝)

0 - 1 ( 0 - 1 )

07分 クリスティアーノ(アデレード)

観衆 35,154人

オフィシャル : JFA

Img_3404_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 M5 準決勝 「G大阪対マンU@横浜国際」

Img_3436  当初は行く予定ではなかったんですが、ガチンコのユナイテッドを生で見る機会なんてそうそうあるもんではないので。あとガンバが勝ち上がったというのも。Jのチームがガチでヨーロッパチャンピオンに挑むといのはやはり興味がありますね。
新横浜には5時過ぎに着いたんですが、周りを見渡すと目立つのは赤い服を着た人ばかり。スタジアムに着いてもその光景は変わらず(まあアウェイ側だったってのもあるんですが)。路上ではユナイテッドのオフィシャルグッズを販売する特設ブースまで出され行列ができていました。

Img_3437 ユナイテッドの試合を生で見るのはボーダフォンカップ以来です。この日のスタメンには、前日にファーガソンが公言していた通り、ベテランのギャリー・ネビル、スコールズ、ギッグスらが名を連ねました。大満足のメンツですが、個人的には大好きなフレッチャーがスタメンでなかったことは軽くショックでした。それとべルバトフ、見たかった…。
試合はまず前半の立ち上がりからガンバがシュートを放ち攻勢を見せます。そして10分過ぎには遠藤のスルーパスに播戸が抜け出しGKと1対1。しかしファンデルサールに防がれ先制点とはなりませんでした。これが決まってればなー。そしてユナイテッドに28分と前半ロスタイムにCKから決められ前半をガンバは0-2で折り返しました。流れの中からの攻撃は防いでいただけにCKからの2失点はガンバとしては非常に痛かった。試合的にもCKの2点で決着がついてしまうなんてつまらない。
後半20分を過ぎてからはユナイテッドはフレッチャー、エバンズ、ルーニーと立て続けに投入します。ついにフレッチャー登場!この交代から試合が一気に動きました。まずガンバがヨーロッパチャンピオンからゴールを奪います。山崎がゴールを決めた瞬間はユナイテッドのユニフォームを着ていた日本人も皆立ち上がって喜んでいました。ユナイテッドの応援をしてようがそこは日本人、やっぱりガンバを応援してしまうんですよ(俺もね(苦笑))。しかーし、この1点で赤い悪魔を本気にさせてしまったようです。ガンバが1点を返したそのすぐ1分後、フレッチャーのパスに入ったばかりのルーニーが巧みなもらい方で中澤を振り抜き再び2点差。そして3分後には左サイドを崩し、PA内に侵入してきたフレッチャーにエブラがピンポイントでクロスを合せ4-1。そしてその1分後にもルーニーが決め5-1。もうスゴ過ぎて見とれてしまいましたね。しかしガンバもやってくれます。気落ちすることなく最後まで果敢にゴールを狙い続けました。その結果PKを獲得し、ロスタイムにも橋本が決め2点を返しました。試合結果は5-3でユナイテッドの決勝進出。でもガンバの戦いぶりには拍手もんでした。

Img_3481 この試合はガンバがヨーロッパチャンピオンからゴールを奪ったこと、フレッチャーの飛び出し、日本のPK職人vsファンデルサールや最後のCRのFK。そしてルーニーの悪童ぶり(笑)など見たいものがほぼ見れて満足できる良い試合が見ることができました。ただやはり羨ましいよな。ヨーロッパチャンピオンにガチで挑めるなんて…。
これで今年のクラブワールドカップは4試合を観戦し、ワイタケレ以外はすべてのチームを見ることができました。決勝はもちろんですが、ガンバとパチューカの対戦もスタイルが似ているだけあって面白そうな試合になりそうです。

Img_3456


2008年12月18日(木) 19:30KICK OFF

@横浜国際総合競技場 (神奈川県横浜市港北区)

ガンバ大阪 VS マンチェスター・ユナイテッド
(日本/AFC)    (イングランド/UEFA)

3 - 5 ( 0 - 2 )

28分 ヴィディッチ(マンU)  44分 クリスティアーノ・ロナウド(マンU)
74分 山崎雅人(G大阪)  75分 ルーニー(マンU)
78分 フレッチャー(マンU)  79分 ルーニー(マンU)
85分 遠藤保仁(G大阪)PK  89分 橋本英郎(G大阪)

GK ファン・デル・サール
DF エブラ
   ヴィディッチ → 70分/エバンズ
   ファーディナンド
   ギャリー・ネビル
MF アンデルソン
   スコールズ → 68分/フレッチャー
   ナニ
   ギッグス
   クリスティアーノ・ロナウド
FW テべス → 74分/ルーニー

観衆 67,618人 (チケット完売)

オフィシャル : G大阪マンUJFAJ's GOAL

Img_3430

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 M4 準決勝 「パチューカ対キト@国立」

Img_3399  雨でけっこう行くのが億くうだったんですが、折角¥14,000もするカテ2の良い席を頂いたので行ってきました。席は前の試合とまるっきり同じです。
試合は前半開始すぐに南米王者のキトがラッキーゴールであっさり先制すると、その後にもFKを決めて2-0という結果でした。FKは味方をブラインドにして笛と同時にコースへ蹴り込むという素晴らしいゴールでした。ああいった所はさすが南米ですね。マリーシアをやらせたら南米には敵わない。パチューカはサイドから崩して行くんですが中にいないんだよな。雨ってのもツイテなかった。前半のあのボレーが入ってればもうちょっと面白い試合になったのにな。
今年の決勝も「欧州対南米」か。あっ明日やっぱり横浜行ってきます(笑)。


2008年12月17日(水) 19:30KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

パチューカ      VS リガ・デ・キト
(メキシコ/CONCACAF)    (エクアドル/CONMEBOL)

0 - 2 ( 0 - 2 )

04分 ビエレル(キト)  26分 ボラーニョス(キト)

観衆 33,366人

オフィシャル : JFAJ's GOAL

2008121700000518sansposoccview0001

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 M2 準々決勝 「アルアハリ対パチューカ@国立」

Img_3378_2  今年も招待券を貰ったので行ってきました。ほとんどの人が同じ招待券を持っていましたが、3万人のうち有料入場者数はどのくらいなんだろ?
アフリカ王者アルアハリと北中米カリブ海代表パチューカの対戦。試合は昨年、一昨年と観てきた中で一番面白い試合が観られたんじゃないかと思います。アルアハリは5バックにダブルボランチという守備的な布陣でカウンター狙い。前半はそのカウンターからアルアハリが2点を奪い、パチューカは押し気味ではあったが決定機を逃したのもあって2-0でアルアハリがリードで前半を折り返しました。後半は前半以上にパチューカが押し込み、アルアハリが守ってカウンターという形が多くなりました。そしてパチューカがFKを直接2本決め同点、その後も3点目を奪いに何度もアルアハリゴールを脅かしましたがあと一歩の所で奪えず延長戦へと突入しました。延長に入っても勢いはそのまんまで結局パチューカが2点を奪い、4-2の逆転勝ちで昨年の雪辱を晴らす準決勝進出となりました。
パチューカは今回一週間も前から来日し、2試合の練習試合をこなしてこの大会に備えてきたみたいです。準決勝の相手は南米王者キト。キトはリベルタドーレスの準決勝でメキシコのクラブアメリカを破って(というか何でクラブアメリカはリベルタドーレスに出てんの?)きているだけに、同じメキシコのパチューカは相当気合い入るんじゃないかな。リベルタドーレスのキトの試合観ましたがそんな強くないです。しかもあれから欧州に主力を引き抜かれたみたいなので戦力はさらにダウンしているので、パチューカは大チャンス。ついに「欧州対南米」の図式が崩れるかもしれないですね。
「中米対南米」の対戦となる17日の準決勝はなかなか楽しみな対戦。この試合のチケットもあるのでまた行ってきたいと思います。
ちなみに自分は海外で一番好きなのはユナイテッドなのでこの大会はユナイテッドを応援しています(ガンバに大金が入ると何すっかわかんないので応援なんかしてらんないですね)。でも20日は仙台を考えているのでユナイテッドの試合観戦は断念しました。あー見たかったな、フレッチャー、スコールズ、ルーニー。

入れ替え戦の「磐田対仙台」は後半なら見れると思ってたんですが、試合が延長まで行ってしまったために間に合いませんでした。家着いた時はちょうど試合終了したとこでした。試合が終わったスタジアムに聞こえるのは、残留を決めた磐田の応援ではなく、惜しくも昇格を逃してしまった仙台サポーターの歌声。そしてその後には磐田の選手に拍手とエール。素晴らしい。2010年はJ1の舞台で戦い合いたいですね。


Img_3386  “アフリカのジダン”アブトレイカ


Img_3390パチューカの同点FK


2008年12月13日(土) 13:45KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

アルアハリ   VS パチューカ
(エジプト/CAF)    (メキシコ/CONCACAF)

2 - 4 ( 2 - 0 ) 0延長2

28分 オウンゴール(アルアハリ)  44分 フラビオ(アルアハリ)
47分 モンテス(パチューカ)  73分 ヒメネス(パチューカ)
98分 アルバレス(パチューカ)  110分 ヒメネス(パチューカ)

観衆 30,185人

オフィシャル : JFAJ's GOAL

Img_3393_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

森岡隆三引退

Img_3366  ついに発表されましたね。まだまだやれそうな気もしますが、第2のサッカー人生も頑張ってもらいたいです。森岡といったら11番。DFで11番はかっこ良くてホント憧れました。00年アジアカップで優勝し日本代表のキャプテンとしてカップを高く掲げる姿、02年元旦国立の表彰台で天皇杯を掲げる姿。今でも強く印象に残っています。また指導者としてエスパルスに戻って来てくれることでしょう。ありがとう森岡。頑張れ森岡。明日の京都戦が楽しみです。

 そして森岡より一足先に発表をしていた森島寛晃も引退。すっごい真面目で誰からも愛される選手ですよね。好きな選手でしたし、誕生日が同じということもあってずっと気にかけていました。02年W杯チュニジア戦でモリシがゴールを決めたその日にはミズノ・モレリアⅡのブルー、モリシモデルを奮発して買ったんですよね。ボロボロに履き潰しちゃったので今はもう家にはないと思いますけど。セレッソは昇格を懸けた大事な試合。モリシの出番は後の方になってしまうかもしれませんが、短い時間でも全力で頑張る姿をミスターセレッソは見せてくれるでしょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

2008年Jリーグもラスト1節

 あっという間の12月です。昨日はスカパーで「愛媛対山形」を見ていました。試合時間残り2分での逆転劇。J's GOALに載せられていたこの写真が今までの山形を物語ってるように感じます。グッときますねこの写真、吸い込まれるように2分ぐらいジッと見てしまいました。来年は山形遠征か~、たぶん行けないでしょう(笑)。これでJ2版オリジナル10(札幌、仙台、山形、大宮、東京、川崎、甲府、新潟、鳥栖、大分)の内、J1に昇格したことないのが鳥栖だけになってしまったんですね。J2は最終節の仙台、C大阪、湘南の入れ替え戦争いも注目です。
そしてJ1。残り1節で7位のエスパルス。最終節の結果次第で4位~8位までの可能性があります。とりあえず勝ち点3を取って賞金圏内を確実なものにしたいですね。後はもう千葉、名古屋、マリノスに頑張ってもらうしかない。目指せ3年連続の4位!

あ、それと今日、栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山のJリーグ入りが決まりました。これで関東全ての県にJクラブが誕生したわけです。これで水戸、草津、栃木の北関東ダービーも熱くなるかもしれないですね。特に栃木と茨城の戦いは見ものだな(笑)。

泣いても笑ってもラスト1節。土曜はテレビの前で応援しています。そして天皇杯準々決勝は杜の都仙台まで応援に行きたいと思います(予定)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »