« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月23日 (金)

We Believe 2009

2009012321332011 2009シーズンの新体制が発表されました。

まずキャッチフレーズは昨年に引き続き“We Believe
そして今回は「団結力」と「力強さ」をコンセプトにデザインを拳で表しているとのこと。
なかなかカッコいいデザインなんじゃないですか~。今年こそ極みを掴み取ろうじゃないか。


200901231585011_4 そして新加入の5選手。思ってたほど永井オレンジ違和感無いじゃん。永井といえば4、5年前のヴェルディ戦での70mドリブルからのゴール。埼スタで観てたんですけどあれはヤバかった。日本平のピッチをドリブルで駆ける姿を早く見たいですね。


2009012321333011_2 気になるユニフォームも発表されました。最初の感想は「何これダサっ」、だけど見慣れれば中々のような気もします。背番号はなんかちゃっちくなりましたね。それとアウェイはオレンジを一切使わずモノトーンでシンプルになりました。
さーて今年は誰を買おうかな。ってもう決めてるんですけどね。

テレ玉で放送されたらしく、開幕戦は大宮公園でアルディージャとみたいです。開幕戦ならちょっと無理してもいいから遠くへ行きたいななんて思っていたらまさかの大宮でした。席取りが大変そうだから前日は大宮公園から徒歩5分の所にある友達ンちにでも泊めてもらおうかな。あー早く開幕しないかなー。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

2009 エスパルス背番号予想(希望)

 今年も背番号を予想してみました(昨年はこんな感じでした)。んで予想した後にこんな記事が。なにー!!ってことでちょっといじくってこんな感じになりました。

 0.パル
 1.掛川誠
 2.児玉新
 
3.青山直晃
 
4.平岡康裕
 5.岩下敬輔
 6.マルコス パウロ
 7.伊東輝悦
 8.枝村匠馬

 
9.永井雄一郎
10.藤本淳吾
11.原一樹
12.サポーター
13.兵働昭弘
14.高木純平
15.辻尾真二
16.本田拓也
17.山本真希
18.ヨンセン
19.太田宏介
20.長沢駿
21.西部洋平
22.大前元紀
23.岡崎慎司
24.永畑祐樹
25.市川大祐
26.木島悠
27.廣井友信
28.竹内涼
29.山本海人
30.武田洋平
31.キム ドンソプ
32.佐野克彦

キャプテン 兵働昭弘
副キャプテン 
藤本淳吾、青山直晃

 最初の予想ではアオが4で平岡が3、オカちゃんが11で永井が9(希望はオカちゃん9で一樹が11)だったんですが、まさかオカちゃんが23にそこまでの拘りがあったとは。17には昨年の後半から活躍が目立った真希が入り、エスパルスの助っ人エースナンバーである18はヨンセン。19には横浜FCから加入した太田宏介が入り、20には期待を込めて、西澤に憧れベッタリだった駿。そして26には木島が入り(最初はオカちゃんの23と予想してました)、28には竹内、31にはキム。こんな感じかな。さーて23日の金曜日が楽しみだ。今シーズンは誰のユニを買おうかな。今年もプーマ最新モデルになると思うけど、インパクトのある斬新なユニフォームだといいな。


 あとフォーメーションも考えてみました。考えてみてわかったことは、ヨンセンが加入したことでバリエーションが増えたこと。基本は4-4-2だろうけど、4-2-3-1や、1トップ2シャドーなんかも面白いかもしれないですね。気になるとこはやはりCB。アオ、岩下、廣井、平岡にはホント頑張ってもらうしかないです。

4-4-2 (ボックス)
―――――――――――――
―――ヨンセン岡崎―――‐
―――(一樹)――(永井)――‐
淳吾――――――――兵働
(枝村)――――――――(永井)
―――‐伊東――真希―――
―――(拓也)―‐(枝村)―――
-児玉岩下――青山市川
(宏介)‐(平岡)―‐(廣井)‐(辻尾)
―――――‐海人―――――‐
―――――(西部)―――――‐
―――――――――――――

4-4-2 (ダイヤ)
―――――――――――――‐
―――ヨンセン岡崎―――‐
―――(一樹)――(永井)―――
―――――‐枝村―――――‐
淳吾――‐(淳吾)―――兵働
(真希)――‐伊東―――‐(永井)
―――――(拓也)―――――‐
-児玉岩下――青山市川
(宏介)‐(平岡)―‐(廣井)‐(辻尾)
―――――‐海人―――――‐
―――――(西部)―――――‐
―――――――――――――‐

4-3-3 (2シャドー)
―――――――――――――‐
―――――ヨンセン――――‐
―――岡崎―――永井―――
―――(枝村)――‐(元紀)――
淳吾―――――――兵働―
‐(真希)――‐伊東――(パウロ)
―――――‐(拓也)―――――
-児玉岩下―青山市川
(宏介)‐(平岡)―‐(廣井)‐(辻尾)
―――――‐海人――――――
―――――‐(西部)―――――
―――――――――――――‐

4-2-3-1
―――――――――――――
―――――ヨンセン――――‐
―――――――――――――
淳吾―――岡崎―――永井‐
(一樹)――‐(枝村)――‐(元紀)
―――伊東―――真希―――
―――(拓也)――‐(兵働)――‐
-児玉岩下――青山市川
(宏介)‐(平岡)―‐(廣井)‐(辻尾)
―――――‐海人―――――‐
―――――(西部)―――――‐
―――――――――――――

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

第87回全国高校サッカー選手権大会 決勝 「鹿児島城西対広島皆実@国立」

Img_3647  決勝を観に行くのは久しぶりです。昨年も元紀に藤枝だったので観に行きたかったんですが、成人式だったので。最後に決勝を観たのが市船が国見に1-0で勝った時以来なので6年ぶりですかね。今あの時の両校のメンバーを見てみると凄まじいですね。一樹の10番も生で見ていたんですよね。決勝ゴールとなった昨季新人王の小川のゴールは今でも鮮明に覚えています。
そして今年の決勝は、ここまで27得点11失点の得点と失点のどちらも多い鹿児島城西と、6得点1失点の得点と失点のどちらも少ない広島県代表の広島皆実という面白い顔合わせとなり、どちらも初優勝が懸った対戦となりました。
準決勝を見た限りでは、皆実はそれほどかなと感じていたのですが、今日の試合はホント素晴らしかった。大会新記録となる10ゴール目を大迫に決められ先制を許しましたが、すぐにサイドを崩し素晴らしいゴールで同点とし、更にもう1点を加えて逆転としました。守っては城西自慢の2トップを自由にさせず、中盤からプレッシャーをかけパスコースを寸断しました。また守備に回るのでなく積極的に攻撃を仕掛けることにより城西のラインを下げさせ2トップを完全に孤立させました。そうなると城西はロングボールが多くなるんですが、それにもしっかりと対応し、またセカンドボールも皆実がほとんど拾えていたので試合は完全に皆実となりました。後半は城西ベンチが動き、早い時間帯からメンバーを代え、それによって流れを城西に持ってくると、野村の大迫と並ぶ6試合連続ゴールで同点としました。しかしここで集中が切れないのが今日の皆実のスゴイ所。同点とされたすぐに右サイドを崩し、完全に目覚めたエース金島がこの日2点目となるゴールをヘッドで奪い、またしても皆実がリードを奪いました。城西としては「イケる」と感じた後のすぐの失点だっただけにかなり効きました。そして皆実は最後まで走り回り、集中を切らさず1点を守り切り見事初優勝となりました。
昨年までの皆実は堅守速攻型の守りのチームで、2年前には無得点無失点でベスト8まで進出し、無得点でベスト8敗退なんてこともありました。そして今年は自慢の守備をベースに堅守強攻をテーマに掲げてこの大会に臨み、それを見事決勝で成し遂げての優勝。今日はホント面白くて良い試合でした。これで今年度の日本のサッカーの日程はすべて終了ですね。そして来週にはもう09年度のスタートとなるイエメン戦。


Img_3663 大迫の活躍なんかを観ると、昨年の得点3冠王の彼の活躍を期待しちゃいます。しかしそんな期待をよそに彼は、ラー博にいたり茨城にいたりラジバンダリ(おっとこれは一樹だったか、いかんいかん)。いらないくだりが入りましたが、とにかく元紀に期待せずにはいられないということです。それと決勝観に来ていたみたいですね(割と俺らが観てたとこと近いかも)。

<<決勝「鹿児島城西対広島皆実」ハイライト


2009年01月12日(月祝) 14:05KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

鹿児島城西高校 (鹿児島県代表) VS 県立広島皆実高校 (広島県代表)
8年ぶり2回目の出場                  3年連続8回目の出場

2 - 3 ( 1 - 2 )

20分 大迫勇也(鹿児島城西)  23分 金島悠太(広島皆実)
33分 谷本泰基(広島皆実)  62分 野村章悟(鹿児島城西)
66分 金島悠太(広島皆実)

観衆 40,102人

オフィシャル : JFA

Img_3669

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

第57回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ) 決勝 「筑波対中央@国立」

Img_3629  筑波が決勝に進出したということで、今春エスパルスに入団する木島悠を見に国立へ行って来ました。良くぞ流経に勝ってくれた。これで駒澤、法政、筑波と3年連続でエスパルス入団選手を決勝で見ることができました。今日は昨日に比べて気温は低いんですが、風が弱いのでだいぶ観戦し易くホント良かったです。
試合はまず始まってすぐに木島がドリブルで切り込んでシュートを放ち、この試合最初の決定機を作ります。そして筑波は29分、ゴールから少し距離のある位置でFKを獲得すると、速いボールを放り込み、中大ディフェンダーのクリアミスが上手い具合にキーパーの頭の上を越え先制ゴールとなります。しかし試合は中大ペース、そして35分中大のCK、ニアに入った速いボールを飛び込んだ選手がそらすと、そのボールをファーで合わされ同点とされます。さらにその4分後にも強烈なミドルシュートを決められ、中大が逆転し前半を終えました。後半も中大がボールを回す時間が多かったんですが、そんな中、木島が右サイドを一人で突破しPA内に侵入、そこを中大ディフェンダーがたまらずスライディングで止めに入り倒されPK獲得。そしてキッカーは木島。しかし蹴ったボールは無情にもバーを叩き同点ならず。その後も筑波は最終ラインの野本が前線に張りパワープレーで中大ゴールを脅かしましたが決定機にかけ、2-1で中央大学が勝利し、16年ぶり8回目の優勝となりました。


Img_3627 5年ぶり9回目の優勝を逃した筑波大学
しかし最近の低迷を考えれば今季の躍進は素晴らしかったですね。就任1年目でここまでにチームを作った風間さんがやっぱり凄いのかな。そして風間といえば清商。来季は選手権で見たいな。そして息子はエスパルスへ。


Img_3628 16年ぶり8回目の優勝を果たした中央大学
千駄ヶ谷で中学の同級生の子に会って「大学サッカーに興味あるのかな?」と思って訊いてみたら、どうやら中大のサッカー部に合コンで知り合った選手がいるとのこと(笑)。しかもその選手が今日素晴らしいゴールを決めたというね。大学サッカーは女性客が多いなと思ったらこういうことだったのか(笑)。


Img_3634 Img_3642 Img_3635 Img_3636_2 Img_3637_2 エスパルス入団内定の木島悠
PK失敗は残念でしたが、それに至るまでのドリブルは切れがあって良かったですね。木島も国立に忘れ物が出来てしまったので、この悔しさは一緒に晴らそうじゃないか。
右サイドからのチャンスメイクも得意で関東大学リーグ得点王のドリブラー。オカちゃんとは滝二で一緒にやってたし、また楽しみな選手がエスパルスに加入しますね。木島のコールはやっぱりキ・ジ・マ!キ・ジ・マ!?んなわけないか。


Img_3641 岐阜入団内定の野本泰嵩
エスパルスの練習に何度か参加していたので獲得もあるかなと思っていたんですが…。本職は右SBのようですが、筑波ではCBでキャプテン。準決勝の流経戦では1点ビハインドの後半ロスタイムにパワープレーから筑波を決勝に導く同点ゴールを奪うなど攻撃力も高い。今日の試合を見てもリーダシップがあって、果敢にオーバーラップを仕掛けるなど熱くて良い選手でした。獲得に至らなかったのが残念。



2009年01月11日(日) 14:00KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

筑波大学 VS 中央大学

1 - 2 ( 1 - 2 )

29分 オウンゴール(筑波)  35分 新田圭(中央)  39分 櫛引祐輔(中央)

観衆 7,980人

オフィシャル : JFA

Img_3643

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

第87回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 「前橋育英対鹿児島城西@埼玉」

Img_3617  今年は埼スタ開催となった準決勝。こっちとしてはかなりありがたいですね。そしてベスト4に残ったのが前橋育英、鹿児島城西、広島皆実、鹿島学園の4校。どこが勝っても初の決勝進出。これで4年連続初優勝校が誕生。それだけ近年は各校の実力差がなくなって来てるってことなんですね。そんな準決勝の第1試合は、4戦8発の大迫勇也を擁し、4試合22得点という破壊力抜群の攻撃力を誇る鹿児島城西と、4試合で無失点、タイガー軍団前橋育英の対決。高円宮杯では5-4で城西が勝利という乱打戦になりましたが、この日も開始直後から乱打戦となりました。まず城西が開始1分にCKから先制すると、その2分後には育英が同点に追い付き、更にその7分後、11分後にも得点を奪い3-1とあっさり育英がリードを奪いました。しかしまたそのすぐ後に城西が相手のディフェンダーとキーパーの連係ミスから1点を返し3-2の1点差となり、こっから試合がやっと落ち着きます。そして徐々に城西がボールを回せるようになると、前半の終了間際に大迫勇也がついに大会タイ記録となる今大会9ゴール目となる同点ゴールを奪います。そしてロスタイムにはCKを育英のキーパーが後ろにハンブルしてしまい4-3。この失点はホントもったいないし、いらなかった。後半は育英が1点を返しに攻撃を仕掛けましたが、持ち過ぎてこねる場面が目立ち、逆に城西はシンプルな攻撃で攻め立て追加点を奪い、事実上の決勝戦(失礼しました)となった準決勝第1試合は、5-3で城西が制しました。育英はまたしてもベスト4での敗戦となってしまいました。

<<準決勝「前橋育英対鹿児島城西」ハイライト

<<準決勝第2試合「広島皆実対鹿島学園」へ


Img_3614 3年連続14回目の出場の群馬県代表 前橋育英高校
初の決勝進出を目指しましたが、またしても準決勝で敗れ、これで4度目のベスト4となりました。


Img_3613_2 8年ぶり2回目の出場の鹿児島県代表 鹿児島城西高校
6年前に姉妹校である鹿児島育英館中にサッカー部を立ち上げ中高一貫の指導。そしてその育英館中の一期生(大迫勇也など)が高校3年となった今年、ついに全国制覇まであと一つ。


Img_3621 草津入団内定、前橋育英自慢の中盤の一角を担う佐藤穣
クマガヤSC出身なんだね。




Img_3619 鹿島入団内定、5試合連続のゴールとなる9ゴール目を奪った大迫勇也
さすがにマークはきつかったけど、キレは相変わらずでした。これからの成長が楽しみです。鹿島サポもちらほらいました。第2試合は鹿島学園だしね。昨年のエスパサポの立場と一緒ですね。


2009年01月10日(土) 12:05KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

前橋育英高校 (群馬県代表) VS 鹿児島城西高校 (鹿児島県代表)

3 - 5 ( 3 - 4 )

01分 野村章悟(鹿児島城西)  03分 中美慶哉(前橋育英)
10分 米田賢生(前橋育英)  14分 皆川佑介(前橋育英)
22分 野村章悟(鹿児島城西)  43分 大迫勇也(鹿児島城西)
44分 オウンゴール(鹿児島城西)  73分 成元将平(鹿児島城西)

観衆 17,604人

オフィシャル : JFA

Img_3620

| コメント (0) | トラックバック (0)

第87回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 「広島皆実対鹿島学園@埼玉」

Img_3625  準決勝第1試合に続いて準決勝第2試合「広島皆実対鹿島学園」。鹿島学園といえば3年前ベスト8まで勝ち進み、その大会でエースとして活躍した佐々木竜太が鹿島からのオファーを得て入団なんてのがありました。そしてその鹿島学園と高校時代に茨城に遠征した時に試合したことがあるんですよね。直接狙ったFKがクロスバーにはじかれたなんて場面もあって、あれ決めてれば自慢出来たのになぁなんて鹿島学園という言葉を聞くと思い出したりします。そんな3年前のベスト8を抜く活躍で今大会は準決勝まで勝ち上がって来た鹿島学園なんですが、なんでも前日練習を休みにしちゃったみたいです。試合前日はボール使わないとダメだろー。そしてそれが出てしまったのか、今日の試合は前半シュート0、後半も3本打っただけで攻撃らしい攻撃はなかったですね。対する広島皆実もシュートは20本放ったみたいですけど入る気配はあまりしませんでしたね。
これで決勝は、プリンス九州王者の鹿児島城西と、プリンス中国王者の広島皆実の対戦となりました。どういった試合になるのか楽しみです。
しかしそれにしても今日は風が強くてかなり寒かった。

<<準決勝第2試合「広島皆実対鹿島学園」ハイライト


Img_3624 3年連続8回目の出場の広島県代表 広島皆実高校
スイカ軍団。このユニフォームは一度見たら忘れられないですね。


Img_3623_2 2年ぶり4回目の出場茨城県代表 鹿島学園高校
Jでは鹿島、高校サッカーでは鹿島学園が準決勝進出、インカレでは流経との茨城対決を制した筑波が決勝進出。これを知った茨城出身の友達は、「サッカー王国茨城の時代が来た」なんて言ってました(笑)。残念ながら鹿島学園が負けてしまったためサッカー王国茨城の誕生とはなりませんでしたが、それ以前に鹿島には地元出身選手は少ないし、筑波はもちろん、鹿島学園なんて25人の登録中茨城出身が6人しかいないというね、残念だったな(笑)。



2009年01月10日(土) 14:25KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

県立広島皆実高校 (広島県代表) VS 鹿島学園高校 (茨城県代表)
3年連続8回目の出場                  2年ぶり4回目の出場

1 - 0 ( 0 - 0 )

57分 金島悠太(広島皆実)

観衆 20,173人

オフィシャル : JFA

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

第87回全国高校サッカー選手権大会 2回戦 「市浦和対滝川二@埼玉」

Img_3581_2  12年ぶりの出場となった市高でしたがPK戦の末、初戦敗退となってしまいました。決定機は何度かあったんですが決め切れず、一方の滝二も決定機を決め切れず、スコアレスでのPK戦突入となりました。市高は埼玉県大会の決勝トーナメントで1回戦から準決勝までの浦南、浦東、正智との3試合をPK戦で破ってきただけにこの日も期待したんですが、逆にそれが研究され読まれる結果となってしまいました。試合終了間際になって滝二ベンチはPK戦用にキーパーを交代してきました。そしてPK戦では全てのキックを読まれ1本をセーブされ、逆に滝二のキッカーには全て逆をつかれ敗戦となりました。今年も埼玉県代表は早々と姿を消すこととなりました。


Img_3584_2 <<2回戦「市立浦和対滝川第二」ハイライト

<<第2試合「長崎日大対近大和歌山」へ


Img_3578_2 12年ぶり13回目の出場の埼玉県代表 市立浦和高校
名門復活、36年ぶり5回目の優勝を目指しましたが初戦敗退。
<<学校紹介VTR


Img_3579_3 2年ぶり15回目の出場の兵庫県代表 滝川第二高校
オカちゃん来てなかったのかな?



2009年01月02日(金) 12:05KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

市立浦和高校 (埼玉県代表) VS 滝川第二高校 (兵庫県代表)

0 - 0 ( 0 - 0 ) 4PK5

観衆 11,000人

Img_3590

| コメント (0) | トラックバック (0)

第87回全国高校サッカー選手権大会 2回戦 「長崎日大対近大和歌山@埼玉」

Img_3599  第1試合「市立浦和対滝川第二」に続いて第2試合「長崎日大対近大和歌山」。長崎県代表の長崎日大高校。そういえば国見は去年も見てないな。決勝ゴールは前半のPK。今日はPKしか見てないな(苦笑)。

<<2回戦「長崎日大対近大和歌山」ハイライト


Img_3592 初出場の長崎県代表 長崎日大高校


Img_3591 2年連続6回目の出場の和歌山県代表 近大和歌山高校


2009年01月02日(金) 14:10KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

長崎日本大学高校 VS 近畿大学付属和歌山高校
      (長崎県代表)              (和歌山県代表)

0 - 1 ( 0 - 1 )

19分 谷口総康(近大和歌山)PK

観衆 6,000人

Img_3593

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »