« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

2009 Jリーグディビジョン1 第24節 「川崎対清水@等々力」

Img_5190  等々力の前に法事で田舎へ行きました。朝早くに伊豆の国市へ向け出発。法事が終わったのが3時ぐらいで、途中ドリームハウス駿東店に寄って沼津ICを通過したのが3時半過ぎ。東名上りは渋滞20キロ。間に合わなそうなら三島から新幹線で行くって手も考えていましたが、間に合いそうなので東名で川崎に向かうことに。そしたら4、50キロの事故渋滞…。大ピンチ……。だけどなんとか渋滞も回復し厚木を通過したのが6時過ぎ。キックオフ直後に等々力に到着し。なんとか試合は前半5分から見ることができました。指定席にして良かったです。

結果はホントに悔しいものとなってしまいました。しかしサポの応援も含めて終始川崎を圧倒していました。アウェイ側にいるのを差し引いてもホント良く声が出ていたと思います。いつもはゴール裏にいるので今回客観的に見れて「気合い入ってんなぁ」と感じました。
それにしても、ホント悔しい。悔しさを増長させているのがこれ↓↓

Img_5193 ジャッジのせいだけではないと分かってはいるんですが…。
これがオフサイドか?奥にいんじゃん、というかハーフライン超えてねーし。俺はメインにいてラインが良く見えていたのでこのジャッジに爆発しました。エスパのベンチメンバーも皆手を上げて“WHY!?”のポーズ。結果的にこれがオフサイでなければあの失点もなかったし、もう1点追加して2-0だったかもしれない。
今日の主審、副審はほんとにクソでした。うちだけではなく川崎側も納得はいってないでしょう。

でもまぁ首位鹿島と勝ち点1を縮めたとプラスに考えることにしましょ。順位は4位に後退しましたが総得点の差での4位。大事なのが9月からの戦いです。大宮、山形、神戸と残留争いしているチームにしっかり勝ち切れるか。上位陣が潰し合うだけにここで勝ち点を積み重ねないと。
そしてナビスコ!東京にリベンジ、国立にリベンジ!


2009年08月30日(日) 19:00KICK OFF

@等々力陸上競技場 (神奈川県川崎市中原区)

川崎フロンターレ VS 清水エスパルス
Photo_20   
1 - 1 ( 0 - 0 )Photo_21

77分 岩下敬輔(清水)  89分 伊藤宏樹(川崎)

GK 山本海人
DF 市川大祐
   青山直晃
   岩下敬輔
   市川大祐
MF 本田拓也
   伊東輝悦
   兵働昭弘 → 67分/マルコス パウロ
   枝村匠馬 → 74分/藤本淳吾
FW フローデ ヨンセン
   岡崎慎司

観衆 20,689人

オフィシャル : 清水川崎J's GOAL

Img_5191

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

“ケンタ清水”、必勝態勢のアウェイ戦

Img_5186_2  表紙は予想通り川崎との2ショット。近所のコンビニで買おうとしたら3件とも売り切れ。仕方ないので駅前のコンビニへ。しかしここでも2件とも売り切れ。駅のニューデイズでやっと買えました。

水色の撃力か オレンジの備ブロックか

ぜってー負けらんねー!

Img_5187

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

夏王。清水。

Img_5183  今日発売のエルゴラの表紙です。まだ京都の旅行記もダービーの観戦記も更新していないのに、嬉しさのあまりこっちを先に更新してしまいました

夏王。清水。
7月から負けなし
ダービーを制し、上位戦線参入

決して顔は良くないが(笑)、カッコいい。お馴染みのガッツポーズです。
ちなみにその上には、闘莉王のキ○イ顔つきで “6連敗…一番弱いのは浦和” と書かれています(笑)。


Img_5184_2 2、3ページ目もエスパルス。

静岡の夏、清水が制す

今の清水が強い理由
①フィジカルの強化
②イメージの共有

いやぁ~、楽しくて仕方ないです。金曜日のエルゴラも、2位と3位の対決とだけあって川崎と一緒に表紙を飾るかもしれないですね。


Img_5181_2 それと今日の高校野球決勝戦。いやぁ~興奮した。日本文理の粘りには感動しました。やっぱり高校野球は面白い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

2009 Jリーグディビジョン1 第23節 「清水対磐田@アウスタ」

Img_5135  金曜の朝に京都から帰って来たと思ったらまた翌日に東海道線に乗って清水に向かっていました。いやぁ~、清水がかなり近く感じられました。

日本平の観衆は2戦連続で2万超え。試合は4月の借りを返す、そしてここ3戦ホームでスッキリしない戦いが続いていた鬱憤を晴らす、見事な5-1の大勝となりました。
2点目の拓也→エダ→兵働→フローデとワンタッチで中央を崩し、絶妙なタイミングで右サイドのイチへ。あの時のスタジアムのどよめき、鳥肌もんでした。そしてイチのクロスにエダが難しい体制ながらヘッドで押し込みゴール。すげーもんを見させてもらいました。
1得点2アシストの王子の活躍。兵働にアシストしたフィードといい、オカちゃんにアシストしたスルーパスといい、センスを感じますね。ガンバファンの友達にまたしても「ありがとう」と言ってしまいました(笑)。
そしてエース岡崎。期待されてる中しっかりとゴールを重ねるところが凄い。これでオカちゃんは日本平6戦連続ゴール。得点も12ゴールでトップタイ。得点王、ベスト11が見えて来たんじゃないか。

順位も3位まで浮上。そして無敗の夏の最終戦が2位川崎が相手。川崎は今季ホームで無敗だとか。こちだってアウェイ4連勝中だぜい。ここ2年は等々力で先制しながらも逆転負けをくらっているだけに、今年こそ勝ち切って夏を締めくくりましょう。

帰りはまたしてもムーンライトながらで帰って来ました。そしてやっとゆっくり睡眠を取ることができました。これで水曜日から始まった強行日程もおしまいです。


2009年08月22日(土) 19:00KICK OFF

@アウトソーシングスタジアム日本平 (静岡県静岡市清水区)

清水エスパルス VS ジュビロ磐田
Photo_22
5 - 1 ( 3 - 1 )Photo_23

02分 岩下敬輔(清水)  10分 枝村匠馬(清水)  24分 兵働昭弘(清水)
44分 前田遼一(磐田)  57分 枝村匠馬(清水)  75分 岡崎慎司(清水)

GK 山本海人
DF 市川大祐
   青山直晃
   岩下敬輔
   太田宏介
MF 本田拓也
   伊東輝悦
   兵働昭弘 → 73分/藤本淳吾
   枝村匠馬
FW フローデ ヨンセン → 85分/長沢駿
   岡崎慎司

観衆 20,116人 (チケット完売)

オフィシャル : 清水磐田J's GOAL

Img_5158

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

引っ越しました。

Img_5101 Img_5096  朝5時に京都から帰京。家には6時に着きました。そしてすぐにシャワーを浴びて引越しの準備。もうフラフラでしたよ。部屋はちらかっているもののなんとか無事引っ越しが終わりました。


Img_5116朝7時ごろの我が家上空


Img_5179 ジョン君も引越し

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

第91回 全国高等学校野球選手権大会 3回戦 「長野日大対中京@甲子園」

Img_4985 第2試合は長野日大と中京大中京の対戦。長野日大は初出場ながら1回戦で作新学院を、2回戦では強豪天理をともに逆転で破って3回戦まで勝ち進んできました。対する中京も、1回戦で平安を倒し、2回戦では関西学院を倒して勝ち進んできました。個人的には天理対平安を観たかったんですがこればっかりは仕方なし。

試合は初回に相手のエラーもあって中京が5点を先取しました。これで試合も決まりかな?と思いましたが3回に長野日大が初回にエラーをしてしまった新村が見事に2ランを放ち、更に4、5回と得点を重ね追い付きました。これで面白くなるかな?と思ったら終盤に猛攻を喰らい10点を奪われ15対5で中京がベスト8進出となりました。


Img_4989_3 Img_4987 Img_4988中京大中京のエースで4番、堂林翔太


Img_4984 Img_4982 3塁側から見た甲子園球場


Img_4993 甲子園名物『甲子園カレー(とろけるチーズトッピング)』


2009年08月20日(木) 12:04PLAY BALL

@阪神甲子園球場 (兵庫県西宮市)

長野日本大学高校 (長野県代表) VS 中京大学付属中京高校 (愛知県代表)
初出場                      5年ぶり25回目の出場

長 野 日 大 11
中京大中京 × 15 16

長野日大バッテリー : 加藤、西山、佐藤-小林
中京大中京バッテリー : 堂林、森本、山田-磯村

長野日大本塁打 : 新村涼賢 3回2ラン
中京大中京本塁打 : -

試合時間 2時間17分

Img_4992

| コメント (0) | トラックバック (0)

第91回 全国高等学校野球選手権大会 3回戦 「明豊対常葉橘@甲子園」

Img_4932_2  初めて来た甲子園。ずっと憧れていた甲子園。黒い土、緑の芝生。そしてこの雰囲気。もう感動もんでした。これで人生に思い残すことが一つなくなりました(笑)。


Img_4935 この日は大会11日目の3回戦。第1試合から好カード、大分県代表の明豊と静岡県代表の常葉橘の対戦となりました。
注目選手はやはり “九州の怪童” 明豊の今宮と、その今宮との対戦を熱望していたという常葉橘の庄司。3回から登板した今宮は、4回に庄司との対戦で自己最速の153㌔を計測するなど真っ向勝負を挑み、そして今度は9回、庄司が今宮に真っ向勝負を挑みました。その二人の対戦はとても清々しく気持ちの良いものでした。
結果は延長12回の末、明豊がベスト8進出です。


Img_4938 Img_4937 常葉橘のエース、庄司隼人


Img_4943_2 打者としても3番のクリーンアップを担う


Img_4950 “九州の怪童” 今宮健太


Img_4954 注目の9回、庄司vs今宮の対戦シーン


Img_4967 敗れた常葉橘のイレブンにも笑顔が見られます。


Img_4956 3塁側常葉橘アルプス


2009年08月20日(木) 08:30PLAY BALL

@阪神甲子園球場 (兵庫県西宮市)

明豊高校 (大分県代表) VS 常葉学園橘高校 (静岡県代表)
5年ぶり3回目の出場        初出場

十一 十二
明  豊 13
常葉橘 13

明豊バッテリー : 野口、今宮、山野-阿部
常葉橘バッテリー : 庄司-牛馬

明豊本塁打 : -
常葉橘本塁打 : -

試合時間 2時間59分

Img_4969

| コメント (0) | トラックバック (0)

第91回 全国高等学校野球選手権大会 3回戦 「花巻東対東北@甲子園」

Img_5042  第3試合はみちのく対決、岩手の選抜準優勝校花巻東と、宮城の東北高校の対戦。今大会最注目投手の登場とだけあって甲子園球場は満員となりました。その菊池雄星はこの試合で自己最速となる154㌔をマークしました。そんな菊池ばかりが取り上げらていますが、花巻東は菊池のワンマンチームではないんですね。特にバックはセンターラインが堅い。リードオフマンであるセカンド柏葉の守備はホントに素晴らしい。2番を打つ155㌢という小柄なセンターの佐藤は、打率はそこまで高くはないですがクサい球をカットする技術が高くクセ者ぶりを発揮していました。

試合は、さすがは選抜準優勝校。相手のミスから効率良く得点を重ね、危なげない試合運びで花巻東がベスト8進出を決めました。


Img_5014 Img_5035 Img_5044 Img_5048 今大会No.1左腕、菊池雄星


Img_5045 華麗な守備を魅せていた花巻東のリードオフマン、柏葉


Img_5040 155㌢という小柄な花巻東のセンター佐藤


Img_5019 東北エース、佐藤朔弥


2009年08月20日(木) 14:54PLAY BALL

@阪神甲子園球場 (兵庫県西宮市)

花巻東高校 (岩手県代表) VS 東北高校 (宮城県代表)
2年ぶり5回目の出場         4年ぶり21回目の出場

東  北
花巻東 ×

花巻東高校バッテリー : 菊池雄-千葉
東北高校バッテリー : 佐藤、清原-薗部

花巻東高校本塁打 : -
東北高校本塁打 : -

試合時間 1時間51分

Img_5051  

| コメント (0) | トラックバック (0)

第91回 全国高等学校野球選手権大会 3回戦 「都城商対和智弁@甲子園」

Img_5086  第4試合は宮崎代表の都城商業と、名門智弁和歌山の対戦。聖望が1回戦で都商に勝っていれば埼玉代表を甲子園で観ることができたのに、と悔しい気持ちもありますが、それは今度甲子園に来る時のお楽しみとしときます。
第1試合が延長12回までいったこともあって、第4試合のプレーボールは予定の16時から1時間15分遅れ。ってことで1イニングだけ観て帰ることにしました。で折角なんで外野席からの眺めはどんなかなぁ?と気になっていたので入場無料の外野席に移動しました。


Img_5062Img_5075 左中間、右中間のこの広さ、東京ドームとはえらい違いです。


Img_5067 バックスクリーンはこうなってたんですね。


Img_5070 鳥谷はいないのか。
写真を良く見たらジェット風船が…。


Img_5076 Img_5072 外野席も広いですね。


Img_5063 お馴染みの智弁の赤い『C』の人文字
何年か前に智弁学園と智弁和歌山が対戦した時は奇妙な光景でしたね。


Img_5085 試合は4対1で都商が勝利しました。得点見られたんで初回で帰って正解でした。智弁和歌山高嶋監督の甲子園通算監督勝利数新記録は達成ならずでした。


2009年08月20日(木) 17:15PLAY BALL

@阪神甲子園球場 (兵庫県西宮市)

県立都城商業高校 (宮崎県代表) VS 智辯学園和歌山高校 (和歌山県代表)
28年ぶり2回目の出場              5年連続17回目の出場

都 城 商 12
智弁和歌山 ×

都城商バッテリー : 新西-米良
智弁和歌山バッテリー : 岡田-平野

都城商本塁打 : -
智弁和歌山本塁打 : -

試合時間 2時間10分

Img_5069

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

彦根城

Img_4831  滋賀県彦根市に到着。京都まであと少しです。彦根といえば、ゆるキャラブームの火付け役となったひこにゃんです。ひこにゃんに会いに彦根城まで向かいました。


Img_4832_2 駅前にある井伊直政公銅像


Img_4833_2 井伊直弼と開国150周年祭開催中
特に祭りをやっているようには感じなかったけどね。


Img_4835_2 途中にあった彦根市役所


Img_4836_2 彦根城が見えて来ました。


Img_4837_2 彦根城周辺パート①


Img_4838 彦根城周辺パート②


Img_4839_2 けっこう登ります。


Img_4850_2 これを登れば到着。


Img_4840_2 彦根城天守閣


Img_4846_2 こっから中に入ります。


Img_4848 彦根城からは琵琶湖が望めます。


Img_4844_2 彦根駅方面


Img_4841 彦根球場


Img_4849 山の向こう側が京都かな。


Img_5169彦根城で買ったひこにゃんヌイグルミ

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都タワー

Img_4852 京都に到着
京都に来るのは中3の修学旅行以来です。


Img_4851 やたらとデカくて綺麗な京都駅


Img_4854京都タワー


Img_4855 ビルの上に乗っかっています。


Img_4856 高さは131㍍(タワー部分は100㍍)あるそうです。
何でも建設当時の京都市の人口が131万人だったためその高さになったとか。


Img_4858 おそらく西京極方面


Img_4865 東本願寺、烏丸通


Img_4860 清水寺方面


Img_4861_2 滋賀方面


Img_4863_2 京都駅、奈良方面


Img_4862 京都駅パート①


Img_4864 京都駅パート②


Img_5091 夜の京都タワー
翌日におみやげを買いに再び京都に寄りました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009 Jリーグディビジョン1 第22節 「京都対清水@西京極」

Img_4904_2  西京極初観戦となりました。まずはスタジアムの感想から。スタンドはピッチから遠く傾斜も緩いため、非常に観づらいです。等々力といい勝負ですね。おまけに盆地で風もなくクソ蒸し暑い。まあ要するにひどいってことです。ちなみにスタジアムグルメもひどい。

試合はというと、前半は反対ゴールに向かって攻めていたため全然わかりませんでした。岩下のCKなんて何が起こったのか全くわかりませんでした。んで帰ってから録画見ましたが、全然オフサイねーじゃん!なんだあのライマン。相変わらず田辺もひどいし。
まあでも淳吾のFKは感動しましたね。壁を越えた瞬間入るとわかりました。これがきっかけとなってくれることを期待しています。
試合終了間際の京都のFKとCKはこれまた反対側だったためピンチだったってことはわかったんですが、良く見えませんでした。そんでこれまた帰ってから録画を見ましたが、結果がわかっているのにもドキリとするような大ピンチでしたね。危ねー!最後イジョンスに押し込まれていてもおかしくなかったですね。ホント勝てて良かった。

Img_4915_2


2009年08月19日(水) 19:00KICK OFF

@西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 (京都府京都市右京区)

京都サンガF.C. VS 清水エスパルス
Photo_24    0 - 1 ( 0 - 0 )Photo_25

GK 山本海人
DF 市川大祐
   青山直晃
   岩下敬輔
   太田宏介 → 82分/児玉新
MF 伊東輝悦
   本田拓也
   山本真希 → 63分/藤本淳吾
   兵働昭弘
FW フローデ ヨンセン
   岡崎慎司 → 86分/マルコス パウロ

観衆 10,685人

オフィシャル : 清水京都J's GOAL

Img_4884

| コメント (0) | トラックバック (0)

新世界

Img_4927 ホテルにチェックインした後は、歩いてすぐの新世界へ向かいました。


Img_4922 さすがは大阪、他の都市のタワーと比べて派手。
“投票率ワースト1返上” なんて弾幕も出ていました。


Img_4925つぼらや
小学生の時に友達からおみやげでこのフグのキーホルダーをもらって鍵に付けてたんですよね。


Img_4929_3 治安が悪そうなので足早にホテルへと戻りました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

そうだ 京都、行こう。

 金がなく、時間と体力を持て余した大学生にとっては有り難い青春18きっぷ。ってことで明日の始発で埼玉から鈍行を乗り継ぎ京都へ向かいます。
大雑把な流れは、京都へ向かう途中に名古屋、彦根に軽く寄ってから京都でエスパの試合を観戦。新世界に移動して大阪で一泊。朝から西宮へ向かって甲子園で大会11日目の高校野球3回戦を観戦して、再び大阪へ。たこ焼き屋を巡って、大垣へ。大垣からムーンライトながらで21日の朝5時に東京着ってな流れです。
しかーし、まだまだ強行日程は続きます。帰宅してからは朝から引っ越し。クソ暑い中引っ越しで動き回り、翌日の22日は清水へ静岡ダービー。そして翌日も引っ越しの片付け。

ってなわけでしばらくブログの更新ができません。落ち着いてから旅行記、京都戦、甲子園、ダービーの観戦記を書きたいと思います。
では、いってきまーす

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

ラストイニング

Img_4820  今一番ハマっている野球漫画です。面白いし野球素人な自分にとってはかなり勉強になります。舞台が埼玉ってのもいいです。
主人公が率いる彩学の選手や学校関係者などは埼玉の地名からとられていてます。彩学のライバル校である聖母学苑は聖望学園が由来で、選手は全国から集めているため、選手名と出身地が一致しています。監督は桐生で出身は群馬県桐生市。エースは明石で兵庫県明石市。捕手が佐倉で千葉県佐倉市。キャプテンが新発田で新潟県新潟市など。他にも春日野大栄が春日部共栄が由来で、選手名は学校名の「大栄(ダイエー)」からとられ旧ダイエーホークスのメンバーからなっています。九藤(工藤)、丈島(城島)、明山(秋山)、小窪(小久保)など。あとは浦和第一の選手は、原山や白幡と浦和の地名がつけられています。登場してくる高校名や選手名なども読んでると面白いです。

そんなラストイニングに登場する聖母学苑の由来となった聖望学園が今年の夏の埼玉代表となりました。今日から甲子園も開幕で、聖望は1回戦で宮崎の都城商と対戦します。大会12日目を観に行く予定なので、ベスト8まで進めば聖望の試合を観ることができるかもしれないので是非とも勝ち上がってほしいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

2009 Jリーグディビジョン1 第20節 「浦和対清水@埼玉」

Img_4814  いやぁ~、もう最高っ!!今年のユニはエダにしたんですが、その理由が昨年の埼スタでのハーフボレーゴールに興奮したから。そしてこの“8番”を見て奴らにあのゴールを思い出してもらうため、というのがありました。そして今シーズン、またしてもエダがやってくれました。ナビスコでは華麗なボレーで貴重なアウェイゴール、そんで今回が奴らを奈落の底に突き落とす決勝ゴール。帰りは気分良くエダのユニ着て(見せびらかしながら)自転車で帰って来ることができました。あー、気持ち良かった

レッズは4戦無得点で4連敗。しかも鹿島が足踏み状態の中での連敗だから悔しさも大きいでしょうな。今日もボールは回されましたが単調な横パスばっかりだったので怖さは全く。そしてこの人はこんな事を言ってます。日程がキツイのはどこも一緒。移動が少ない分まだそっちの方がマシだろ。
うちは今日の勝利で5位浮上。2位の川崎とは勝ち点4差。やっと上位グループのケツが見えてきたって感じですかね。次の試合は2週間後。連勝で気分良く中断期間に入れます。選手たちには3連休でリフレッシュしてもらって次節新潟戦にまた期待です(ホントJOMOに選ばれないで良かった。オリベイラは鹿島からあんなに選んで今頃後悔してんじゃね?)。

次の参戦は西京極の京都戦。楽しみ~♪


2009年08月02日(日) 18:00KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

浦和レッドダイヤモンズ VS 清水エスパルス
Photo_26        0 - 1 ( 0 - 0 )Photo_27

70分 枝村匠馬(清水)

GK 山本海人
DF 市川大祐
   青山直晃
   岩下敬輔
   児玉新
MF 本田拓也
   伊東輝悦
   兵働昭弘 → 83分/山本真希
   枝村匠馬 → 87分/高木純平
FW フローデ ヨンセン
   岡崎慎司 → 81分/原一樹

観衆 45,186人

オフィシャル : 清水浦和J's GOAL

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »