« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

プロ野球ドラフト会議 2009

Photo 長野が1位指名をされた瞬間、ぐっと来ちゃいましたね。2度指名拒否をしての今回のドラフト。レギュラー争い激戦区の外野ですが、頑張ってほしいです。


ジャイアンツ指名選手

1位 長野久義 外野手 右右

出身地/ 福岡県
生年月日/ 1984年12月06日
体格/ 180㌢ 80㌔
経歴/ 筑陽学園高-日本大-ホンダ


2位 鬼屋敷正人 捕手 右右

出身地/ 三重県
生年月日/ 1991年06月19日
体格/ 177㌢ 82㌔
経歴/ 近大高専


3位 土本恭平 投手 右右

出身地/ 岐阜県
生年月日/ 1985年10月13日
体格/ 175㌢ 73㌔
経歴/ 土岐商高-専修大-JR東海


4位 市川友也 捕手 右右

出身地/ 神奈川県
生年月日/ 1985年05月09日
体格/ 176㌢ 78㌔
経歴/ 東海大相模高-東海大-鷺宮製作所


5位 小野淳平 投手 右右

出身地/ 大分県
生年月日/ 1987年04月05日
体格/ 178㌢ 81㌔
経歴/ 大分商高-日本文理大


育成1位 星野真澄 投手 左左

出身地/ 埼玉県
生年月日/ 1984年04月04日
体格/ 181㌢ 72㌔
経歴/ 埼玉栄高-愛知工大-北信越BC・信濃


育成2位 河野元貴 捕手 右左

出身地/ 福岡県
生年月日/ 1991年06月14日
体格/ 179㌢ 75㌔
経歴/ 九州国際大附高


育成3位 陽川尚将 内野手 右右

出身地/ 大阪府
生年月日/ 1991年07月17日
体格/ 180㌢ 80㌔
経歴/ 金光大阪高


育成4位 大立恭平 投手 左左

出身地/ 岡山県
生年月日/ 1987年08月20日
体格/ 178㌢ 70㌔
経歴/ 興陽高-岡山商科大


育成5位 神田直輝 投手 右右

出身地/ 群馬県
生年月日/ 1988年01月18日
体格/ 180㌢ 82㌔
経歴/ 前橋東高-群馬大教育学部

-------------------------------------------------------------

この夏観に行った多くの選手がドラフトで指名されてました。
Img_4761_2 北海道日本ハム1位 中村勝 投手 春日部共栄高

埼玉のダルビッシュはモノホンのダルビッシュがいる北海道へ。

埼玉大会準々決勝埼玉栄戦にて


Img_4950 福岡ソフトバンク1位 今宮健太 内野手 明豊高

選手権大会3回戦常葉橘戦にて


Img_5012_2 埼玉西武1位 菊池雄星 投手 花巻東高

6球団の競合の末、西武が交渉権を獲得。

選手権大会3回戦東北戦にて


Img_5085 中日1位 岡田俊哉 投手 智弁和歌山高

選手権大会3回戦都城商戦にて


Img_4992 広島2位 堂林翔太 内野手 中京大中京高

エースで4番、夏の甲子園優勝投手は、春の甲子園優勝投手、1位指名の今村と広島へ。

選手権大会3回戦長野日大戦にて


Img_4938_3広島4位 庄司隼人 内野手 常葉橘高

甲子園ではエースだった庄司は、プロでは野手で勝負。

選手権大会3回戦明豊戦にて

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

2009 Jリーグディビジョン1 第30節 「清水対F東京@アウスタ」

Img_5779  大分戦の前に2連敗する夢を見たんですが、まさか正夢になってしまうとは…。滅多に風邪とか引かないんですが、清水から戻ってきてすぐ体調不良に。病は気からってのは本当なんですね。だいぶ精神的にやられました。

天皇杯札幌戦が近付いてきてやっと切り替えができそうです。


2009年10月25日(日) 15:00KICK OFF

@アウトソーシングスタジアム日本平 (静岡県静岡市清水区)

清水エスパルス VS FC東京
Photo_35 1 - 2 ( 1 - 2 )Photo_36

03分 鈴木達也(F東京)  07分 岡崎慎司(清水)  39分 オウンゴール(F東京)

GK 山本海人
DF 市川大祐
   岩下敬輔
   児玉新 → 78分/高木純平
   太田宏介
MF 伊東輝悦
   山本真希 → 69分/原一樹
   兵働昭弘 → 68分/藤本淳吾
   枝村匠馬
FW フローデ ヨンセン
   岡崎慎司

観衆 19,275人 (チケット完売)

オフィシャル : 清水F東京J's GOAL

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

2009 プロ野球 クライマックスシリーズ・セ 第2ステージ 第3戦 「巨人対中日@東京ド」

Img_5719  よし!いやぁ~興奮しましたね。3戦連続で初回に先制パンチ喰らいましたけど、6回に2アウトからラミちゃん亀井の2者連続アーチで同点。やっと亀井に当たりが出ました。狙い通りのフォークを上手くとらえ、亀井らしいライナー性の打球がライトスタンドに突き刺さりました。このシリーズは良くも悪くも亀井がキーマン。そういった意味では亀井に当たりが出て一安心です。あとは明日谷に当たりが出ればオッケーなんですが。
7回に2点勝ち越されたましたが、8回に中日浅尾をとらえました。ストライクが入らない浅尾にまず先頭の坂本が四球を選びノーアウトで出塁。続く松本はライト前ヒットで無死1、2塁。3番の小笠原が抑えられ、4番ラミレスの打球はライト前へ抜けるかという打球。しかし荒木のファインプレーによって防がれ二死2、3塁。続く亀井の打球はショートゴロ、万事休すか。しかしここで井端にエラー。1点を返してなおもチャンスで代打脇谷。初球を狙っていましたね。ライトオーバーの二塁打で逆転に成功。その後も古城がレフト前へヒットを打ちましたが脇谷がホームで刺され追加点ならず。これで浅尾は潰しましたね。もう残りはダメでしょう。
9回はクルーンが3人をピシャリと抑え、これで日本シリーズへ王手です。

Img_5745 それにしてもドーピング疑惑のある選手をまだ解決もしてないのに登板させるのとはね。静脈注射打って平然としてんだもんな。これで吉見の最多勝にもケチがつくだろうに。
“名古屋の常識=世間の非常識”って言葉は本当だったんだなぁ~。


Img_57492009年10月23日(金) 18:00PLAY BALL

@東京ドーム (東京都文京区)

Photo_5 読売ジャイアンツ VS 中日ドラゴンズPhoto_6

中 日
巨 人 × 10

勝利投手 : 豊田清 1勝0敗
敗戦投手 : 浅尾拓也 0勝1敗
セーブ : クルーン0勝0敗2S

中日バッテリー : 吉見、高橋、浅尾-谷繁
巨人バッテリー : 高橋尚、越智、山口、豊田、クルーン-阿部

中日本塁打 : 森野将彦 2号(1回2ラン)
巨人本塁打 : ラミレス 1号(6回ソロ)  亀井義行 1号(6回ソロ)

1 (遊)坂本勇人
2 (中)松本哲也
3 (三)小笠原道大
4 (左)ラミレス → 9回/(左)工藤隆人
5 (一右)亀井義行
6 (右)谷佳知 → 6回/(投)越智大祐 → 7回/(投)山口鉄也
  → 8回/(投)豊田清 → 8回/(打)脇谷亮太 → 9回/(投)クルーン
7 (捕)阿部慎之助
8 (二)古城茂幸
9 (投)高橋尚成 → 5回/(打一)李承燁

試合時間 3時間33分

観衆 45,409人

オフィシャル : 巨人中日NPB

Img_5753_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

2009 プロ野球 クライマックスシリーズ・セ 第2ステージ 第1戦 「巨人対中日@東京ド」

Img_5691  今年のクライマックスもしつこくでぇっ嫌いな落合中日が相手。落合曰く“敗者復活戦”なクライマックス。3年連続でしかも12ゲーム差も付けた相手との敗者復活戦に付き合わなければならんこのシステムにも相変わらず納得はいかないですね。

試合は初回にまさかの5失点。実戦から離れて試合勘が戻らないというのもあるのでしょう。これで3年連続黒星スタートとなってしまいました。ってことで俺のクライマックス観戦試合も3敗目です。通算でも3敗1分↓↓
まあこれでイーブン。明日から打線は爆発しますよー。3戦で終わらしちゃ儲からないしねー。

Img_5696 それにしても相変わらずコイツの試合後のインタビューは腹立たしい。試合前のメンバー表交換でも、原監督が帽子取って笑顔で握手を求めているのにヤツは帽子も取らずに無愛想。あームカツク!!隣にいた中日ファンのおばちゃんらも「落合は大嫌い。早く辞めて欲しい」なんて言ってるぐらいだし、それってどうなのよ?


2009年10月21日(水) 18:00PLAY BALL

@東京ドーム (東京都文京区)

Photo_15 読売ジャイアンツ VS 中日ドラゴンズPhoto_16

中 日 10
巨 人

勝利投手 : 小笠原孝 1勝0敗
敗戦投手 : ゴンザレス 0勝1敗

中日バッテリー : 小笠原、山井、小林正、河原、高橋、浅尾-谷繁
巨人バッテリー : ゴンザレス、M.中村、野間口、金刃、豊田-阿部

中日本塁打 : 野本圭 1号(1回3ラン)  ブランコ 1号(3回ソロ)
巨人本塁打 : -

1 (遊)坂本勇人
2 (中)松本哲也 → 8回/(投)金刃憲人 → 8回/(打)鈴木尚広
  → 9回/(投)豊田清
3 (三)小笠原道大
4 (左)ラミレス
5 (一中)亀井義行
6 (右)谷佳知
7 (捕)阿部慎之助
8 (二)古城茂幸
9 (投)ゴンザレス → 5回/(打)木村拓也 → 6回/(投)マイケル中村
  → 6回/(投)野間口貴彦 → 7回/(打)李承燁

試合時間 3時間11分

観衆 41,259人

オフィシャル : 巨人中日NPB 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

2009 Jリーグディビジョン1 第29節 「大宮対川崎@埼玉」

Img_5679  ワン・ペー・パー祭りとかいうイベントでチケットはなんと学生が500円、一般でも1000円という安さ。入場者数は4万2千超えでした。だけど川崎サポがあんだけしか来ないとはなぁ。

試合は両チームに2本ずつのPKが与えられるという珍しい試合となりました。そしてPK2本を決めた大宮が負け、PK2本を外した川崎が勝つというこれまたあまりない結果。


Img_5683 まず最初に前半13分、大宮GK江角がジュニーニョを倒してPK。
しかしジュニーニョのPKはポストに弾かれゴールならず。ジュニーニョはPK外したイメージしかないよなぁ。だけどそのすぐ後にジュニーニョが裏へ抜け出し、江角の有り得ない飛び出しをループでかわしてゴール。ゴール後メインコーナー付近のサポーターを挑発するジュニーニョ。しかしほとんどが招待された客なので無反応(笑)。


Img_5684 36分にはまたしても川崎にPK。微妙なジャッジ。
チョンテセがボールを抱え込み、ジュニーニョを無視してPKスポットへ。納得がいかずふて腐れるジュニーニョ。チョンテセのPKは江角によって防がれまたもゴールならず。さらにふて腐れるジュニーニョ。ここまでは完全に江角の一人舞台(笑)。


Img_5685 そして前半ロスタイムに今度は大宮がPKを獲得。
川崎とは反対にマトが確実に決め同点。これで試合も面白くなるなぁ、と思ったらその直後にチョンテセのスーパーなゴールであっさり勝ち越され前半終了。

後半開始から攻勢に出る大宮。得点機を多く作るも中々ゴールに結びつかないなぁと思ってたらまたしてもチョンテセ一人にやられ2点差に。


Img_5687 そして後半ロスタイムに再び大宮がPKを獲得。これをまたマトが確実に決め1点差に詰めるも試合終了。

川崎がお得意の外人パワーで勝利。大宮に期待したけど、自力で頑張るしかないですね。


2009年10月17日(土) 15:00KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

大宮アルディージャ VS 川崎フロンターレ
Photo     2 - 3 ( 1 - 2 )Photo_2

21分 ジュニーニョ(川崎)  44分 マト(大宮)PK  44分 鄭大世(川崎)
64分 鄭大世(川崎)  89分 マト(大宮)PK

観衆 42,346人

オフィシャル : 大宮川崎J's GOAL

Img_5678

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

高円宮杯第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 決勝 「横浜Mユ対磐田ユ@埼玉」

Img_5658  昨年に続いて今年の決勝も大差がついてしまいました。まあでも東海地区の磐田ユースが決勝進出を果たしたので来年も出場枠は3なのかな。来年こそは出場してほしい。頑張れエスパルスユース!


2009年10月12日(月祝) 13:00KICK OFF

@埼玉スタジアム2○○2 (埼玉県さいたま市緑区)

横浜F・マリノスユース VS ジュビロ磐田ユース
プリンスリーグ関東第3位        プリンスリーグ東海第1位

7 - 1 ( 3 - 0 )

06分 小野裕二(横浜Mユ)  09分 関原凌河(横浜Mユ)  44分 高橋健哉(横浜Mユ)
56分 小野裕二(横浜Mユ)  67分 高山皓旦(磐田ユ)   70分 小野裕二(横浜Mユ)
75分 関原凌河(横浜Mユ)  79分 関原凌河(横浜Mユ)

観衆 6,399人

オフィシャル : 横浜M磐田JFA

Img_5669

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 「柏対ジェフR@柏の葉」

電車で座っていたら横に、あの岡田正義レフェリーが…(笑)。この話は後ほど。

Img_5617天皇杯2回戦は千葉ダービーを観に行きました。お目当ては浩太とジャイアントキリングです。


Img_5624 右サイドに展開する浩太
惜しいミドルを2発ほど放ちましたが相手キーパーのファインセーブに防がれゴールならず。


Img_5619 試合は両チームともにミスが目立ちパッとしない内容、というか柏が酷かった。ポポと大津がいないと攻撃も迫力に欠けます。新外国人のハモンもイマイチ。
ただ試合中は他人事ではなく、こっちもまだかまだかとひたすら文字速報を追っていました。後半開始直後に一樹がゴールを決め一安心。パウロの名前を見た時には笑えましたね(笑)。


Img_5633 そして柏とジェフリザーブズの試合は、柏がシュート32本を打っても点が奪えず、120分を戦っても決着がつかなかったためPK戦へ。


Img_5635 PK戦の前にはどっちのゴールで行うか主審の岡田さんが入念(?)に芝生をチェックし、ホーム側のゴールで行うことになりました。
最初のキッカーは柏の栗澤。蹴ったボールはバーの上を大きく超えて行きました。しかし何やら集まって揉めています。どうやら芝生がめくれてしまったようです。そしてなんと反対のゴールに変更。しかも蹴り直しで。ただこの蹴り直しはキーパーが先に動いてしまったためというものらしいんですが、微妙です。副審の旗も上がってませんでしたし。


Img_5637 当然納得のいかないジェフの選手たち。またまたジャスティス劇場が始まってしまいました。


Img_5642 そして柏が一人外し、ジェフが二人外してしまったため柏が3回戦進出となりました。
まあでもエスパルスとしては今後の日程を考えると、柏が勝ち進んで良かったのかもしれないです。天皇杯3回戦の後はアウェイ柏戦なので、2週間準備期間を与えるよりかは良かったです。


Img_5648引き上げるジャスティス岡田
ジェフサポーターからは「オカダぁー!!やめろー!!」とブーイング。今年限りで引退してもらいたいです。もう潮時でしょう。


Img_5653_2 そして帰宅途中、TXから武蔵野線に乗り換え南流山駅のホームで電車を待っている時です。後ろでカシュっと缶コーヒーを開ける音がしたので振り返るとそこには、ジャスティース!!二度見しちゃいましたよ。電車がホームに来た時には逃げるように最後尾の車両に向かっていったので、後をつけました(笑)。ジャスティスは空席を見つけると急いで席を確保。相当疲れているんでしょうね。俺は少し離れたとこからジャスティスの動向を窺っていました。そして吉川に着いたとこで急に立ち上がり、網棚のスーツケースに手を伸ばしたので、「こんなとこで降りるの?」と思ったんですが、電車を降りずに真っ直ぐこっちに向かって来ます。「やべー、バレた?」。そしたら俺のすぐ真横に座り出しました。「あー、ビックリした」。なんかアピールしたいと思った俺は、持っていたエルゴラの再開戦の記事を「あなたによって物議を醸した試合ですよ」と言わんばかりにバサッと広げたんですが、ジャスティスはそれにも気付かず寝ていましたね。その後のジャスティスの動向は分かりませんが、出身地を見ると保谷になっているので新秋津まで行って西武池袋線かな。


2009年10月11日(日) 13:00KICK OFF

@柏の葉公園総合競技場 (千葉県柏市)

柏レイソル VS ジェフリザーブズ

0 - 0 ( 0前半0、0後半0、0延長0 ) 4PK2

観衆 3,432人

オフィシャル : ジェフRJ's GOAL

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

キリンチャレンジカップ2009 「日本対スコットランド@日産」

Img_5591  出ねーんかい!!新聞でやたらと二枚岩だのなんだの取り上げてるからスタメンかと思いきや、岩下も海人もアップで終わってしまいましたよ。
もう大久保・松井とかいいでしょ。寿人使えよ。SBに本職じゃないやつ使ったり意味が分かりませーん。以上ッ!


Img_5577 見る事ができたのはコレだけ。


Img_5581 練習などで得るものを得て、無事に帰ってきてくれればいいです。


2009年10月10日(土) 19:20KICK OFF

@日産スタジアム (神奈川県横浜市港北区)

日本代表 VS スコットランド代表

2 - 0 ( 0 - 0 )

83分 オウンゴール(日本)  89分 本田圭佑(日本)

GK 川島永嗣(川崎)
DF 内田篤人(鹿島) → 65分/徳永悠平(F東京)
   岩政大樹(鹿島)
   今野泰幸(F東京)
   阿部勇樹(浦和)
MF 稲本潤一(レンヌ) → 81分/駒野友一(磐田)
   橋本英郎(G大阪) → 65分/大久保嘉人(神戸)
   石川直宏(F東京) → 65分/松井大輔(グルノーブル)
   中村憲剛(川崎)
   本田圭佑(VVV)
FW 前田遼一(磐田) → 56分/森本貴幸(カターニャ)

観衆 61,285人

オフィシャル : JFAJ's GOAL

| コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 準決勝 「横浜Mユ対三菱養和ユ@国立」

Img_5522_2  横浜で代表戦を観る前に国立へ行きました。ユース世代No.1を決める大会、高円宮杯もいよいよ準決勝。ベスト4に残ったのは、マリノスユース、広島ユース、磐田ユース、そして三菱養和ユースです。高校勢がベスト4入りできなかったのは10年ぶりだそうです。

そんな準決勝第1戦は、マリノスユース対三菱養和ユースの対戦。プリンスリーグで対戦した時は2-5で養和に敗れているマリノスユース。そのマリノスユースは6年ぶりにトップへの昇格者なしとのこと。

試合は終始マリノスのペースで、決定機を幾度も作るが中々ゴールに結びつかないといった展開。そんな中唯一ゴールとなったのが、前半39分養和が自陣でファールを取られると、ジャッジに不満を持っているスキを突いて素早いリスタート。これを受けた関原が抜け出しゴール。
対する養和は、新潟に入団が内定しているレフティーの加藤と、10番でキャプテンの玉城からインスイングで制度の高いCKが蹴り込まれチャンスを演出します。そして後半11分に田中のスーパーミドルが決まり同点。
その後は延長を含む110分を戦っても決着がつかず、PK戦の末マリノスユースが決勝進出を決めました。

<<第2試合「広島ユ対磐田ユ」へ


2009年10月10日(土) 12:00KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

横浜F・マリノスユース VS 三菱養和SCユース
プリンスリーグ関東第3位        プリンスリーグ関東第2位

1 - 1 ( 1 - 0、 0 - 1、 0延長0 ) 5PK4

39分 関原凌河(横浜Mユ)  56分 田中豪紀(三菱養和ユ)

観衆 3,855人

オフィシャル : 横浜M三菱養和JFA

Img_5539

| コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 準決勝 「広島ユ対磐田ユ@国立」

Img_5541  第1試合に続いて準決勝第2試合は広島ユース対磐田ユースの対戦。広島ユースのシステムはトップと同じ3-4-2-1。トップと下部組織が同じスタイルの広島。トップの主力もユース出身者が多く、これからの広島が恐いですね。

試合は、広島が1点リードの後半ロスタイムに磐田がCKからのセットプレーで土壇場で追いつき延長へ。ここで横浜に移動しなければならないためスタジアムを後にしました。
試合はその後延長でも決着がつかず、磐田がPK戦を制し決勝進出を決めました。


2009年10月10日(土) 14:30KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

サンフレッチェ広島ユース VS ジュビロ磐田ユース
プリンスリーグ中国第1位          プリンスリーグ東海第1位

2 - 2 ( 1 - 1、 1 - 1、 0延長0 ) 4PK5

20分 大﨑淳矢(広島ユ)  43分 海田佳祐(磐田ユ)  75分 井波靖奈(広島ユ)
89分 永井鷹也(磐田ユ)

観衆 4,698人

オフィシャル : 広島磐田JFA

Img_5548_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

ハットトリック~!!!

Img_5517Img_5518 岡崎3発、香港に6点大勝
岡崎「日本平は心強い」
犬飼会長が岡崎に期待
岡崎年間2ケタ弾カズ以来(以上日刊スポーツより)

釜本&カズ以来!岡崎ハットで年間2ケタ達成
記念スパイク忘れた~岡崎ボケもさえた(以上スポニチより)

日本爆勝6発!岡崎ハットで香港粉砕
岡崎、代表9年ぶりハット!デビュー1年間最多11発!(以上スポーツ報知より)

岡崎ハット達成!岡田ジャパン、6発快勝
堂々たるエースへ!岡崎“ホーム”で初ハット
岡崎、9年ぶり18人目のハットトリック達成
岡崎ハット!岡田ジャパン最多得点
岡崎活躍するも大久保・松井は不発
清水・長谷川監督も岡崎の活躍に大興奮
岡崎ジェットが飛ぶ!?清水リーグVで実現か(以上サンスポより)

あ~、疲れた…(笑)。
つい1月に初ゴールで感動してたと思ったらもう11ゴール目ですよ。すげーなぁ。


Img_5489 日本代表センターバックは“岩・岩コンビ”?
スコットランド戦、どうするセンターバック

そして明日は王子の出場はあるか?それだけが楽しみなスコットランド戦です(なんでフレッチャー来ねーんだよ~)。



それとこんな記事もありました。
プロフェッショナルですね~。協会は素晴らしいと絶賛している中、妥協を許さないこの姿勢。こういった方達も含めてみんなでリーグ優勝を喜び合いたいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

暫定が取れ

Img_5488 改めて首位となりました。
再開試合、いきなり衝撃でした。あの一本の間接FKを相当練習してきたんでしょうね。鹿島怒涛の攻撃。見応えのある21分間でした。

さぁー、首位です。といってもすぐ下に鹿島、ガンバ、川崎。この3チームに追われるんだからプレッシャーも相当です。余裕は全くなし。
とりあえず日曜の天皇杯!大分戦に繋がる内容ある試合を。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

2009 Jリーグディビジョン2 第43節 「東京V対甲府@国立」

Img_5462  新宿行った後に千駄ヶ谷へ寄りました。ヴェルディにはエスパルスから期限付き移籍中の廣井がいます。前節からスタメンで起用され今節もフル出場。レギュラーを奪ったかな。

試合は開始すぐに甲府が大西のゴールで先制。これがどうやらJ2通算8000ゴールのメモリアルゴールだったようです。その後は両チームとも特に見どころもなく、甲府が虎の子の1点を最後まで守り抜いて勝利です。甲府は昇格へ向け貴重な勝ち点3となりました。是非とも来年は“富士山ダービー”を戦いたいものです。甲府、そして湘南、ガンバレ~。

そういえば片桐が甲府に移籍していたとは知りませんでした。岐阜にいたのは知ってたんですけどね。片桐といえば岐阜工業時代の選手権での活躍ですよね。もう左足に釘付けでしたよ。選手権準優勝で得点王となったんですよね。あとその準優勝した岐阜工業の守護神が今の甲府の守護神である荻晃太でもあるんですね。さらにそんでもって決勝で敗れた相手だったのが国見で、片桐と並んで得点王を獲得したのが今日出場していた国見出身ヴェルディの柴崎。まさか国立であの時の三人をこんな形で見ることができるとは思いませんでした。ちなみにこの大会、廣井も前橋育英で準決勝まで進出して国立で片桐擁する岐阜工業に敗れているんですよね。とまぁ第80回大会の選手権がプレイバックしてきました。


Img_5453 Img_5457 ヴェルディより甲府の方がサポーターが多かったですね。大丈夫かヴェルディ?


2009年10月04日(日) 19:30KICK OFF

@国立競技場 (東京都新宿区)

東京ヴェルディ VS ヴァンフォーレ甲府
Photo_3   0 - 1 ( 0 - 1 )   Photo_4

06分 大西容平(甲府)

観衆 7,850人

オフィシャル : 東京V甲府J's GOAL

Img_5460

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

2009 Jリーグディビジョン1 第28節 「清水対広島@アウスタ」

Img_5447  現在リーグ12戦負けなし。ホームでは21戦無敗中。さらにホーム広島戦は96年以降負けなしの10勝1分。さらにさらに健太が就任して以降、ホームでの13時キックオフでは10勝2分の負けなし。そしてこの試合で勝ち点を積み重ねることが出来れば、99年2ndステージを制して以来10年ぶりの暫定ながら首位となるわけです。試合前にはこんなにもポジティブなデータが揃っていました。
そして試合結果は1-1のドロー。結果的に全ての記録は更新されたわけなんですが、勝ち点3が欲しかった~。

残りもあと6試合。次節は天皇杯を挟んでのアウェイ大分戦。向こうは負ければ降格。死に物狂いで来るでしょう。しかしこっちにはナビスコの借りもあるし、奈落の底へ落としてやるぐらいの気持ちで叩き潰してやらんとっ。
とりあえず明日は新潟、大宮、横浜を応援しますか。

一戦必勝!
絶対優勝しましょう!!



Img_5436 本日のパルちゃんショー
ローカルネタやられても分かりませーん
分かったのは最後のサファリぐらい(笑)。


2009年10月03日(土) 13:00KICK OFF

@アウトソーシングスタジアム日本平 (静岡県静岡市清水区)

清水エスパルス VS サンフレッチェ広島
Photo   1 - 1 ( 1 - 1 )   Photo_2

29分 佐藤寿人(広島)  44分 岡崎慎司(清水)

GK 山本海人
DF 市川大祐
   岩下敬輔
   児玉新
   太田宏介
MF 伊東輝悦
   本田拓也 → 78分/山本真希
   兵働昭弘 → 82分/原一樹
   枝村匠馬 → 57分/藤本淳吾
FW フローデ ヨンセン
   岡崎慎司

観衆 18,205人

オフィシャル : 清水広島J's GOAL

Img_5444

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »